箸にも棒にもかからない映画 ◆ 「新しいワタシの見つけ方」

女子高生が馬の世話を通じて、人間同士の絆や動物への愛情など“本当に大事なもの”に気付いていくってストーリー。 いい話なんですよ。嫌味な感じもぜんぜんないし。 ただ、まったく面白くない。“箸にも棒にもかからない”とはまさにこの映画のための言葉です…

完成度の高いコメディ映画 ◆ 「ネイバーズ 2」

laozi.hatenablog.com では、赤ちゃんが生まれたばかりの夫婦と大学生のパーティサークルが、隣どうしでバトルするって展開でした。 その後、夫婦は隣に悩まされない環境で新しい家を手に入れ、今住んでいる家が売れれば万事OKの状態。大学生はみんな卒業、…

オリンピック選手のその後 ◆ 「ブロンズ! ~私の銅メダル人生~」

オリンピックで銅メダルを取り、一躍“アメリカのヒロイン”になった女子体操選手。引退してからは過去の栄光と、町の人たちの好意にぶらさがって生きる“ダメダメ人間”。「ま~こんな嫌な奴、いてるか~」ってぐらい(笑)。そんな彼女の人生、いったいどうなる…

2017年3本の指に入る駄作 ◆ 「Xibalba シバルバ/エイリアン・オブ・マヤ」

古代マヤ文明をベースにした、エイリアンのお話。 設定や導入部分は非常に期待を持たせるのですが・・・。 展開はお粗末で、最後にメッセージ的なものまでぶっこんでいます。「いい映画やろ?」って感じで目もあてられません。ひどい。 まいったまいった(笑)…

観てはならない映画 ◆ 「ビヨンド・ワルキューレ カリーニングラードの戦い」

ドイツの敗戦が色濃くなってきた第二次世界大戦末期、帝国再興のために、財宝を南米アルゼンチンにUボートを使って輸送する計画を、アメリカ、イギリス、ソ連が嗅ぎつけます。 設定はめちゃくちゃ面白そうなのですが・・・。 きわめて単調。最後まで盛り上が…

信仰vs科学 ◆ 「ヴィクター・フランケンシュタイン」

フランケンシュタイン(※大学生の設定)とその共同研究者がストーリーの中心で、フランケンシュタインが父や友人や世間に認められたいがために、倫理に反する実験にのめり込むでいくって心理が描かれています。 いろんなサイトで辛口のレビューを見ますが、…

殺人が合法化! ◆ 「パージ:アナーキー」

「国民の怨嗟(えんさ)や憎悪を発散させ、それによって治安を維持しようと、アメリカ政府は1年に1晩だけ殺人などの全犯罪を認める日パージを制定する」(シネマトゥデイ)というのがこの映画の前提。 当然、市民はクレイジーな“狩る側”と怯える“狩られる…

伝記映画では過去最高かと・・・ ◆ 「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」

「ローマの休日」「スパルタカス」など数々の名作を手掛けるも“共産主義者”だということで不遇の扱いを受けた脚本家ダルトン・トランボの伝記映画。 トランボ役はドラマ「ブレイキング・バッド」で主演を演じたブライアン・クランストンです。 実話ベースな…

観て損なしです ◆ 「映像の世紀プレミアム 第4集『英雄たちの栄光と悲劇』」

シリーズ4作目はリンドバーグ、ロンメル将軍、ケネディ大統領、モハメド・アリ、ベーブルース、チェ・ゲバラなどビックネームが目白押し。 中でもアリとゲバラの言動は、今、観ても心に響きます。偉大です。あまりにも偉大です。 映像で刺激を受けたい人には…

女性必見! ◆ 「映像の世紀プレミアム 第3集『世界を変えた女たち』」

“女性”にスポットを当てた第3集。 エリザベス女王、ココシャネル、マリリンモンローからヒラリー・クリントンまで、時代を動かしたヒロインを捉えています。 今まで聞いたことがなかったエピソードも紹介されていて、非常に興味深く観れました。 改めて言う…

前半は今年NO.1サスペンス ◆ 「ザ・ギフト」

ひょんなことから高校時代の同級生と再開。ところが両者には、ものすごく“温度差”があって、一方は社交辞令でかわすつもりが、かたや家に来るわ、プレゼントを渡すわで「何か、怖い~」(笑)って展開。 だんだん距離が縮まってきて、もはや“ストーカー”状態。…

残酷なシーンが目白押し ◆ 「ファイナル・デッドブリッジ」

「決して逃れることのできない死の運命に取り付かれた若者たちの恐怖を、衝撃的なシーンをふんだんに盛り込みながら描く大ヒットシリーズの第5弾」てことらしいです。 以前、このシリーズを観た記憶があります。 そのときは楽しめたような・・・。 歳のせい…

ZAKUが最高! ◆ 「機動戦士ガンダム THE ORIGIN シャア・セイラ編 IV 運命の前夜」

シリーズ4作目にして、やっと“ザク”登場です。 1年戦争に向かうストーリーも面白いのですが、何と言っても、モビルスーツの絵が美しい。これは必見です。 オリジナルガンダムファンのかたは、騙されたと思って観てみてください(笑)。 超おススメです。 それ…

続編が観たい映画 ◆ 「ザ・コンサルタント」

表の職業は会計士、裏の顔はヒットマンという、まるで“必殺仕事人”のような男性が主人公。 幼少の頃、自閉症で、家族の手を焼かせる存在。母は彼を捨てて家を出て行きます。父は軍人で、将来生きていけるようにと、幼き主人公を徹底的に鍛え上げます。 ほん…

人生が変わるかも・・・ ◆ 「人前であがらず話す技法」森下裕道著

タイトル通りの内容です。 依然このブログで紹介した laozi.hatenablog.com とまっく同じ主張で、観察する側になれば緊張しませんよってことが書かれています。 本当にこの考え方は役に立っているので、よりゆるぎない確信を得るために、同じ内容だと知って…

観なくていい映画 ◆ 「グリーン・インフェルノ」

学生の自然保護活動グループが、ジャングルで“食人族”に襲われるってお話。 エンディングで一人助かった女性が、殺されかけたにも関わらず、その部族を助けるためにウソの証言をします。ちょっと社会的なメッセージをぶっこんできたのはわかるのですが、「こ…

最近の作品より断然いいです ◆ 「スティーヴン・セガール TRUE JUSTICE2 PART 0~6」

スティーヴン・セガール製作・脚本・主演のテレビドラマ。 沈黙の絆 TRUE JUSTICE2 PART0 沈黙の嵐 TRUE JUSTICE2 PART1 沈黙の掟 TRUE JUSTICE2 PART2 沈黙の牙 TRUE JUSTICE2 PART3 沈黙の炎 TRUE JUSTICE2 PART4 沈黙の刻 TRUE JUSTICE2 PART5 沈黙の魂 T…

観て損なし ◆ 「リアル・スティール」

近未来のお話です。人間同士の戦いに刺激を感じなくなった時代、ロボット対ロボットのボクシングが大衆の娯楽。 そのロボットボクシングを通じて父と息子の愛情が語られています。 何とはなしに、最後まで観てしまいました。 まぁまぁです(笑)。 それでは・…

非常に残念な作品 ◆ 「ウォールフラワー」

中学時代は学校になじめず、精神を患ったことのある主人公。彼と友情をはぐくむことになった“ゲイの同級生”、“ゲイ学生と腹違いの兄弟”の女の子。この3人、三角関係になるんですね~。ややこしい(笑) 設定は、面白さをヒシヒシと感じたのですが・・・。 思い…

心の問題がスッキリするかもです ◆ 「悩みを生かす 森田療法による建設的な生き方」D・K・レイノルズ著

D・K・レイノルズさんは、日本の“森田療法”と“内観療法”をベースに“建設的な生き方”を唱える、アメリカ人文化人類学者です。 この人の著作は本当に分かりやすくて、毎回、学ぶべきことがあります。 この「悩みを生かす」は、たくさんの森田療法の本をだされて…

科学者は何を考えていたのか ◆ 「映像の世紀プレミアム 第2集『戦争 科学者たちの罪と勇気』」

プレミアム第2集は“科学者”に照準を合わせて、波乱の19世紀後半から20世紀を駆け抜けます。 オッペンハイマーやアインシュタイン、湯川英樹など、著名な学者が目白押しです。 よかれと思って研究したことが、大量殺戮に使われるという、“予期せね”または“想…

家族と疎遠のかたに・・・◆ 「エイプリルの七面鳥」

家族と不仲な主人公が、母のガンを知ります。そして感謝祭にみんなを自分のうちに招待。それまで料理もしたことないのに、七面鳥料理にチャレンジします。 娘のもとに向かうファミリーの姿と、疎遠だった家族を迎える準備に、七転八倒する主人公と、その彼氏…

最近のアメコミ映画にしては・・・ ◆ 「グリーン・ランタン」

ヒーローものです。 最近のアメコミ映画は面白いものが多いですが、これはいかがなものでしょう・・・。 宇宙平和ため組織されたチームに、メンバーとして初めて“選ばれた地球人”が主人公。 良く言えば「非常に分かりやすい展開で、まさにアメコミ!」、悪く…

白人の神様は陰謀がお好き ◆ 「タイタンの逆襲」

laozi.hatenablog.com の続編。 前作は「人類VS神」でしたが、今回は「神VS神」。 ものすごく“人間くさく”描かれている神様ファミリーの確執が、火種に・・・。 展開的には、この「タイタンの逆襲」のほうがよかったような・・・、あまりかわらないような(笑…

テレビ史上最強の番組 ◆ 「 映像の世紀プレミアム 第1集『世界を震わせた芸術家たち』」

映像の世紀と新・映像の世紀のリミックスした感じです。今までのシリーズは出来事にスポットをあてて構成されていましたが、 今回の映像の世紀プレミアムでは“文化”に照準を合わせて、編集されています。 その回のテーマに沿って一気に、第一次世界大戦前か…

白人の神様は戦いがお好き ◆ 「タイタンの戦い」

「ギリシャ神話をベースに、神々の王ゼウスの息子として生まれながらも人間として育った青年ペルセウスが活躍するアクション・アドベンチャー超大作」ってことらしいです。 驕った人間が神に戦いを挑む展開。もちろん最後は神の血を引く主人公が人類を助け、…

塩水を飲むがごとく・・・ ◆ 「お買いもの中毒な私!」

ソフィー・キンセラのベストセラー小説を映画化したものらしいです。 ヒロインはタイトル通り、買い物中毒の女性。 おちゃめに描かれていますが、周りの人間には、迷惑をかけまくり。実際にいたら笑えません。 そこそこ楽しめました。 ちなみに主人公はアイ…

THE駄作 ◆ 「トロピック・サンダー史上最低の作戦」

ベン・スティラー監督・主演のコメディ。 私はベン・スティラー主演の映画は好きなほうなのですが、「ズーランダー」とこの作品はいただけません。開始20分で消しました(笑)。 それでは・・・・。 2008年 アメリカ 日本語吹替えあり

お金が絡むと人格が・・・ ◆ 「ブラック・シー」

金塊を積んだナチスのUボートが沈んでいるとの情報を元に、12人の男たちが古い潜水艦で海深くに潜ります。狭いスペース、お金がらみ、人種への偏見などが絡み合いながら進む展開は、スリリングで目が離せません。 地味に面白かったです(笑)。 おススメ。 そ…

“執念”です・・・ ◆ 「復讐捜査線」 

娘を殺された刑事が復習に燃えるってお話。 事件の背後には、娘が勤めていた巨大軍事企業。もちろん真相に近づけば近づくほど孤立無援状態になりますが・・・。 そんなに期待はしていませんでしたが、楽しめました。 おススメです。 それでは・・・・。 2009…