おっ! なかなかためになる本

膨大な仕事を一瞬でさばく ◆ 「瞬間集中脳」茂木健一郎著

好き嫌いの分かれる、脳学者茂木健一郎さんの本です。 かなりの数の本を書かれるので、1冊1冊は正直、中身の濃いものではありません。が、わかりやすい表現で、ためになるところも出てきます。 この本もご多分にもれず、参考になった文言があったので、例に…

糖質制限の本ではこれが1番! ◆ 「医者が教える食事術 最強の教科書」牧田 善二著

最新の論文や研究結果で武装した“糖質制限”の本です。 エビデンスのある食事内容の説明は非常に説得力があります。 特に参考になったのは、「ラットの実験で“人工甘味料”を与えたところ、血糖値が上がった」というくだりです。 私自身、“カロリーゼロ飲料”を…

あなたの悩みをすべて解決! ◆ 「すっごい呪文」Daigo著

本好きで研究熱心なメンタリストDaigoさんが、行動心理学をわかりやすく解説してくれています。 敷居を低くしてあるので、深みはありません。が、ちょっとしたとき、自分に言い聞かせるのに、ぴったりの文言がありましたので記しておきます。 複雑なことを話…

苫米地本の中では実践的 ◆ 「『感情』の解剖図鑑」苫米地英人著

「恨み」ってこういうこと、「同情」ってこういうこと、「後悔」は・・・、て感じで何気なくわかったつもりの感情をきっちり“言語化”。とてもわかりやすかったです。 特に参考になったのが「怒り」の感情の取り扱い方。なんと、自分を怒らせた相手への復習方…

本当に響く自己啓発本とは・・・ ◆ 「思うは招く」植松努著

TEDでのスピーチが話題になった植松さんの著作です。 わたしもYouTubeで感動したくちなので、この本をチョイスしました。長らく“積読”状態でしたが・・・、結論から言うと、「もっと早く読んでおけばよかった」ですかね。 この人の言葉は、活字になっても、…

嫌う人も多いがするどい分析 ◆ 「『やる気が出ない人』の心理学」加藤諦三著

タイトルからすると、いわゆる「先延ばしを止める」系自己啓発本のようですが、「心に葛藤があるから行動に移せないのだ」っていう心理分析を中心にした内容です。 「うつ病患者は・・・」とか「神経症者は・・・」など、どの本でもシンプルな書きかたをされ…

お金をかけずに幸せになるための55のヒント ◆ 「ほんとうのシンプル」モニカ・ルーッコネン著

ライトに言うと“断捨離フィンランド版”てとこです。 でもこの本は“片づけのテクニック”ではなく生き方に対して“哲学的”というか“自己啓発的”というか・・・。考え方がメインフレームになっているので学びが多かったです。 “断捨離”や“ミニマリズム”は「お腹…

人生が変わるかも・・・ ◆ 「人前であがらず話す技法」森下裕道著

タイトル通りの内容です。 依然このブログで紹介した laozi.hatenablog.com とまっく同じ主張で、観察する側になれば緊張しませんよってことが書かれています。 本当にこの考え方は役に立っているので、よりゆるぎない確信を得るために、同じ内容だと知って…

頭痛持ちの方へ ◆ 「天気痛 つらい痛み・不安の原因と治療方法」佐藤純著

私は昔から“頭痛持ち”です。程度の差はあるものの、1週間頭痛薬なしで暮らすことは不可能なぐらいです。なので天気と痛みの関係は経験的に感じていました。気圧の変化と脳の圧力は関係がありそうだなと・・・。 それにしっかりとしたエビデンスが欲しかった…

「脳を鍛えるには運動しかない!」ジョンJ・レイティ著

運動がどれほど脳とリンクしているかという内容です。 身体を動かすことが、精神や気分に及ぼす影響を、動物実験その他、豊富なデータに基づき丁寧に説明してくれています。この手の本を読みなれている人には、少々冗長かもです(笑)。 「薬に頼るな」ではな…

「『人前が苦手』が1分間でなくなる技術」石井貴士著

元アナウンサーである著者が、緊張しなくなる方法を説いた本です。 テクニック集ではなく、ずばり根源的な考え方を指摘しています。 面接官は緊張せず、なぜ面接される側だけあがるのか?そのメカニズムは 「観察される側ではなく、観察者になれば緊張はなく…

「自分が信じていることを疑う勇気」長谷川 雅彬著

"可能性"を広げるために「思いこみ」を疑ってみましょうって内容です。 「常識」を疑うっていうありきたりなものから、「言葉」「恐怖」「神様」「知識」「時間」「脳」「自分の役割」「人脈」・・・など30項目にわたり、新しい"視点"を提供してくれています…

「筋トレライフバランス」Testosterone著

筋トレをベースにした自己啓発本です。 今までのTestosteroneさん著作も他の筋トレ本に比べると、人生訓の比重がたかかったのですが、今作は特に“生き方”にまつわるお話。 ストレートでシンプル。非常にわかりやすく、筋トレに対するモチベーションがあがり…

「夢をかなえる読書術」伊藤真著

どういうふうに、本を読むかということに関心のあるかたは多いと思いますが、ご多分にもれず私もその中の一人です。そんな訳で気になる"読書本"があったので読んでみました。 著者は司法試験合格請負人の伊藤真さん。 この方の本を読むのは初めてです。 実践…

「スーツに効く筋トレ」Testosterone著

「スーツに効く・・・」となっていますが、ようするに世のビジネスマンに向けてのメッセージという意味です。 内容は筋トレの効用とワークアウト種目の解説。 この人の本は、以前紹介した laozi.hatenablog.com と同様、本当にモチベーションが上がります。…

「これも修行のうち。」草薙龍瞬著

以前紹介した laozi.hatenablog.com laozi.hatenablog.com の実践版という位置づけらしいです。 著者は中学中退後、大検を経て東大法学部卒という、異色の経歴を持つ僧侶“草薙龍瞬”さん。 この方の表現は本当にわかりやすいです。 ほんでもっていつものよう…

「できる大人のモノの言い方大全」話題の達人倶楽部編

これ一冊マスターするれば、もはや誰と話しても恥をかくことがないと思われる程のフレーズが紹介されています。 あいさつに始まり、角が立たない意思の伝え方から、クレーム処理、お酒の断りかたまで・・・、考えられるシチュエーションはほぼ網羅されている…

「その幸運は偶然ではないんです!」J.Dクランボルツ+A.Sレヴィン著

タイトルからすると、「すべては計画がものをいうのだ」という内容かと思いきや、その逆で、人生は予期せぬことの連続だ。でも、その状況、その状況で“行動”を選択するからこそ、チャンスが巡ってくるのだというお話です。 著名な人物の成功物語ではなく、一…

「直観力」メンタリストDaiGo著

よく「最初の数秒で感じたことは、ほぼ正解」みたいなこと耳にしますよね? でも「直観と思いこみの判別って?」というのがあって、いまいち腑に落ちないというか・・・。 そんな疑問の解決の糸口になればと、この本を読んでみました。 おぼろげながら「直観…

「ポジティブ・ワード」メンタリストDaiGo著

前回、紹介した laozi.hatenablog.com に引き続きメンタリストDaiGO君の著作です。 表現が非常にわかりやすいので、学べます。ファンになりました(笑)。 てなわけで、またまた備忘録です。 「自分が嫌い」と感じる人は、自分を好きになれないような行動を…

「メンタルサプリ」メンタリストDaiGO著

アマゾンのレヴューでは、なかなかきびしいことも書かれているメンタリストDaiGO君の本ですが、私は結構好きです。 彼は一日に10冊の本を読むとか。文章からはそれが伊達でないことがよくわかります。よく勉強しているな~って感じました。 外国人著者の翻訳…

「 どんな本でも大量に読める『速読』の本」宇都出 雅巳著

読書論や速読にまつわる本は結構読みましたが、これが一番いいですね~。 著者自身、かなり速読を学んだようです。その上で、ずばり予備知識がないと速く読むことはできないと。自分が良く知っているジャンルの本は速読できるが、まったく知識のない難解な本…

「エマソン自分を信じ抜く100の言葉」中島輝著

ニーチェや福沢諭吉、最近ではオバマ前大統領にも影響を与えたというラルフ・ウォルドー・エマソン。19世紀アメリカで哲学者・思想家・文学者・詩人として活躍した人物なんですって。 この人の名前は聞いたことがありましたが、彼の言葉に触れるのは今回が初…

「人生を変える習慣のつくり方」グレッチェン・ルービン著

世の中に、「良い習慣を身につけたり、悪い習慣を手放したりする方法」を説いた書籍は、掃いて捨てるほどありますが、この本は個人のタイプを4つに分けて、その個性に応じた習慣獲得方法を提示するという、今までにありそうでなかったアプローチをしています…

「偏差値29でも東大に合格できた! 『捨てる』記憶術」

この前読んだ laozi.hatenablog.com がたいへんためにたったので、その関連書籍を探しました。それで見つけたのがこの本です。 著者は杉山奈津子さん。周りの人間すべてが反対した東大受験に1浪で受かった強者です。 今でも、必要がないからという理由で、都…

「損したくないニッポン人」高橋秀実著

私はこの方の本を始めて読んだのですが、非常~に面白かったです。 深い知識に裏付けされた洞察で、面白可笑しく「経済学」や「エコノミスト」をやんわりとディスっています。あくまで遠まわしに、無知なふりして。 ポイントカードに命を懸けているひとや、…

「捨てる勉強法」

この本はタイトル通り、入学試験や各種資格試験についての学習方法が書かれています。 現在、何かのために勉強しているというわけではないのですが、本屋さんで何となく手にとりました。目次を中心にパラパラっと読むと、勉強のみならず人生に使えそうな考え…

「ウィルパワーダイエット」メンタリストDaiGo著

以前、DaiGoさんの「自分を操る超集中力」を読みました。予想以上に良かったんですよ。内容は“ウィルパワー(意志力)”について。ほんでもってその関連書籍を読みたいと思い、この本を選びました。 ■ダイエットしても9割がリバウンド ■ジムに入っても7割の人…

【2016年】読んでよかった10冊

行動マネジメントと森田療法に偏りました。 昨年前半は『無意識・潜在意識』系の本にも影響されましたが、もういいかな~って感じです。 「思えば叶う」「潜在意識にインプットすれば・・・」これが真実だと、こんなにいいことはないのですが、どうやら「簡…

「ずるい勉強法」

著者は33歳の若き売れっ子弁護士です。 私は読んでいませんが「ずるい暗記術」という本に続いて、今回の「ずるい勉強法」ってわけです。 最近、なにかと「ずるい・・・」というタイトルの書籍が出版されていますが、何か“秘策”めいたものをこの“ずるい”とい…