読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「コンカッション」

NFLを引退した元アメリカンフットボール選手たちの謎めいた死の原因を、解剖医が解き明かすってお話。 アメリカンフットボールの危険性を知っていながら、ビジネスに影響しないよう、業界ぐるみで隠ぺいするさまは、先日紹介した laozi.hatenablog.com と同…

「帰ってきたヒトラー」

ヒトラーがタイムスリップして2014年のドイツに現れるってお話。 もちろん誰も本物だとは思いませんが、その風貌・話術でテレビ、YouTubeの人気者に。 その様子を見て、当時を知るユダヤ人女性は「昔も、はじめは面白がっていた」と危機感をあらわにします。…

「祈りのちから」

宗教系の映画は、何かしら学びもあって好きなジャンルなのですが、この作品は途中で観るのを止めました。 悪魔がどうした、こうしたってセリフが出てきて「これってオカルト映画?」ってツッコミたくなるような展開。 キリスト教色の濃すぎるシナリオなので…

「ノック・ノック」

社会的地位も、家族も大豪邸も手に入れた40代男が“鼻の下”を伸ばしたばっかりに、酷い目に合うってお話です。 雨の日に道に迷ったカワイイ女の子が二人が扉をノックします。 ずぶぬれですし、相手は女の子、警戒心も抱かずに家に通します。 時間とともに打ち…

「ダーティー・コップ」

犯罪に手を染める2人のデカが主人公。 雰囲気はものすごくいいです。 キャラ設定やセリフは、タランティーノ作品を思わせるような感じで、かなり期待値があがりました。 でも・・・でも、またしてもオチが・・・。 この手の惜しい作品は結構多いような・・・…

「エスコバル 楽園の掟」

「コロンビアの麻薬密売組織メデジン・カルテルの創設者であるパブロ・エスコバルの光と闇に迫る犯罪ドラマ。世界的な富豪にまでなった伝説の男が築き上げたファミリーの栄光と、その背後に隠された過酷な犯罪の実態をあぶり出す。『チェ』シリーズなどの名…

「メカニック:ワールドミッション」

laozi.hatenablog.com の続編。 ジェシカ・アルバやトミー・リー・ジョーンズなど、キャストも前作より豪華。 ですが、仕上がりはイマイチです。 一作目がよかっただけに自分の中で期待値が上がり過ぎたのかもしれません(笑)。 それでは・・・。 2016年 アメ…

「疑惑のチャンピオン」

ツール・ド・フランス7連覇を達成したランス・アームストロングの物語。 すべて事実だとすると、かなり衝撃的です。 「25歳で精巣癌を患いながらも奇跡的な復活をとげたサバイバー」「自転車レース界のドル箱」という名声が彼を“疑惑”から守ります。 真実を…

「わが教え子、ヒトラー」

第二次世界大戦も末期、闘争心を失いつつあったヒトラーに、収容所にいたユダヤ人の元演劇教授がカウンセリングとスピーチのコーチングをするってお話。 コメディタッチですが、ハチャメチャな作品ではありません。シリアスな部分はきっちりと描かれています…

「ウェズリー・スナイプス ザ・シューター」

ウェズリー・スナイプス 、個人的には好きな俳優さんです。でも、この作品はいただけない。 ベースはもちろんアクションなのですが、ヒューマンドラマのスパイスがかなり効いています。それがいい話だったら問題ないのですが、ま~陳腐。 映像処理にやたらス…

「幸せはシャンソニア劇場から」

『フランスで130万人の動員を記録した感動作!』なんですって。 観てみた感想はと申しますと、その謳い文句に恥じない仕上がりでした。 不景気の中、劇場を不動産屋に奪われた役者やその関係者が、また公演を再開するためにがんばるって展開。 非常に後味の…

「WE ARE YOUR FRIENDS ウィ・アー・ユア・フレンズ」

EDMのDJとして名を馳せたい若者と、その仲間たちの物語。 自分の可能性を信じて夢を追い続ける姿と、快楽に溺れて刹那的に生きるさまがいい塩梅で描かれています。 音楽と映像がとてもマッチしていて、ストーリーもしっかりしています。なんとなくおしゃれな…

「エクスポーズ 暗闇の迷宮」

先日「サウルの息子」が早くも今年のワースト1だと言いましたが、訂正。「エクスポーズ 暗闇の迷宮」が1番です。 主人公の女性が不思議な体験をしながら、物語が進行します。 エンディングまでは、なかなか興味をそそる展開。 ところがどっこい、ま~オチの…

「幸せのルールはママが教えてくれた」

邦題はいかがなものかと思いますが、お話自体は後味も良くおススメです。 祖母・母・娘の絆がテーマ。 祖母は厳格なカトリック信者。母はアルコール依存症。娘は虚言癖あり。 当然、問題なく歩めるわけはなく、ややこしいことだらけ。 でも、最後は「いい話…

「サウルの息子」

第二次世界大戦中のユダヤ人収容所が舞台。 主人公の男性が、ガス室で殺された少年を「自分の子供」だと思い込み、ユダヤ教に則った埋葬を行うべく奔走します。 もちろんそんな勝手な行動がナチにばれれば、厄介なことになるのですが、その男「サウル」は何…

「メカニック」

ジェイソン・ステイサム主演のアクション・ムービー。 正直、あまり期待はしていなかったのですが、いやいやどうして、十分楽しめました。 殺し屋の主人公(ジェイソン・ステイサム)が友人でもある仲間の暗殺を、組織から指示されます。 任務は遂行するので…

「ディバイナー 戦禍に光を求めて」

なんかね~、非常にまれなパターンの作品です。 史実をもとにしたヒューマンドラマ。役者陣も演技派ぞろい。展開も退屈しません。 なのに、なのに面白くないんですよ。まったく印象に残らないといか・・・。 「〇〇がね~」とか「酷い〇〇で・・・」というの…

「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」

イリュージョンネタの展開が目新しくて、前作は楽しめたのですが・・・。 今回はどうでしょう?面白くなくはないのですが、もし続編が出ても、もう、いいかなって感じです。 新鮮味がないです。飽きました(笑)。 それでは・・・・。 2016年 アメリカ 日本語…

「いずれ絶望という名の闇」

はみ出し者の刑事が主人公という点は、先日紹介した「やがて復讐という名の雨」と同じなのですが、 こちらの作品は少しインパクトに欠けます。 面白くなくはないのですが・・・。 可もなく不可もなくって感じです(笑)。 それでは・・・・。 2007年 フランス …

「チリ33人 希望の軌跡」

2010年に、チリのサンホセ鉱山で起きた落盤事故の実録ドラマ。 展開自体は地味なのですが、意外と心が動かされました。 内容的には、どうってことないのですが、「グッ」とくるものがあったんですよね~。 これが真実のなせるわざなのでしょうか? 大幅に手…

「やがて復讐という名の雨」

へ~これがフランス映画なのかって感じです。 主人公の刑事が人を殺すわ、最後は自殺するわで、ハリウッド映画ではありえないストーリー。 予想外の展開は最後まで退屈しませんでした。 おススメです。 同じオリヴィエ・マルシャル監督の laozi.hatenablog.c…

「マリオネット・ゲーム <特別編>」

お金も地位も家も家族も愛人も手に入れた男性が、ある日大事な娘を人質に取られるところから物語がスタート。 最後は予想外のオチが待っています。 引き込まれました。面白いです。 それでは・・・・。 2006年 アメリカ 日本語吹き替えあり

「クリミナル・ミッション」

株のインサイダー取引・マフィアから借金・誘拐・おとり捜査・粛清・同級生・・・。物語のキーワードです。 最後の最後に回想シーンで振り返るナレーションが入ります。これですべての謎がとけるのですが、いや~まったく想定外のオチでした。 展開がシンプ…

「クライム・ヒート」

ニューヨークが舞台。表には出せない裏のカネを、一晩だけ集めるバーのお話です。その店に指定されることを『DROP』(オリジナルタイトル)というらしいです。 全体としては“いい雰囲気”の作品なのですが・・・。 教訓もなし、共感もなし、感動もなしで、なん…

「アナーキスト 愛と革命の時代」

19世紀末のパリが舞台。「愛と革命の時代」とありますが、スポットが当てられているのは「愛」のほうで、イデオロギーにはほぼ触れられていません。 孤児院で育った青年が、反政府の若者組織に警察の囮捜査員として潜入。恋愛や友情と任務の間で葛藤するって…

「ザ・ブリザード」

パニックムービーではなく、実話を元にした感動モノです。 冬の北大西洋上で遭難した巨大タンカーの生存者32人を、4人の沿岸警備隊が定員12人の小型木製救助艇で助けるってお話。 退屈はしませんでしたが、展開が少し地味(笑)。 評価が分かれる作品なのでは…

「その女諜報員アレックス」

う~ん微妙な作品ですね。 元秘密諜報員が、ひょんなことから国家機密の詰まったUSBメモリーを盗んでしまうという物語。 続編を匂わせたエンディングでしたが、はたしてあるのでしょうか(笑)。 それでは・・・・。 2015年 アメリカ 日本語吹き替えあり

「オックスフォード連続殺人」

哲学を教える大学教授と、彼に憧れる頭脳明晰大学生が連続殺人事件のなぞに迫るってお話。 非常に興味深い展開でいい感じだったのですが、オチがね~。 監督をはじめ製作関係者が自信を持っているのだろうな、というのは伝わってきたのですが・・・。 つまら…

「マネーモンスター」

上場後快進撃を続ける企業と、株の下落で全財産を失った青年、投資番組のキャスターが織りなす物語。 スリリングな展開は目が離せません。 ただテレビ局の人間と企業の幹部の正義感で話を進めるのは・・・。なんとなくウソくさいというか、リアリティにかけ…

「スノーホワイト-氷の王国」

「白雪姫」をアレンジした「スノーホワイト」の続編。 前作で滅ぼされた女王の妹が登場します。 非常にわかりやすい展開で、もはやグリム童話というよりアクション映画の様相を呈しています(笑)。 続編はあるのでしょうか? ま~それなりに楽しめる作品かと…

「Huluオリジナルドラマ デスノート NEW GENERATION」

前作と「デスノート Light up the NEW world」までの10年間を繋ぐhuluオリジナルドラマ。 捜査官・三島、世界的名探偵・竜崎、サイバーテロリスト・紫苑をおのおの主人公にしたショートストーリー3部作です。 たいして期待はしていませんでしたが、続きを観よう…

【2016年】観てはいけない13作品

人生に影響をあたえるぐらいすばらしい映画ってありますよね? その反面、「よくこんな作品世に出したな~」というのもあるんですよ、悲しいかな・・・。 なんとか10本に絞り込みたかったのですが、無理でした。あまりに酷くて(笑)。 レンタルするときは下記…

「アルティメット2 マッスル・ネバー・ダイ」

リュック・ベッソンが製作・脚本を手掛けたノンストップリアルアクション「アルティメット」の続編です。 舞台は前作同様“住居の隔離政策”が敷かれた近未来のパリ。政府高官と民間企業の陰謀を未然に防ぐってお話。 街中をアクロバティックに飛びまわるパル…

【2016年】観てよかった10作品

昨年もたくさん観ました。DVDの映画はテレビ代わりなので、年間300本ぐらいは観ていると思います。 「いまどきDVD?」って思われたかたも多いかと。 いやいや理由がありまして・・・。オンデマンドは日本語吹き替えがが少ないんですよ~。流しっぱなしなので…

「シークレット・アイズ」

なかなか面白いサスペンス作品でした。 FBI捜査官の娘がレイプされて殺害されます。でも、その容疑者が対テロの重要な情報源ってこで、上層部から圧力がかかり、あと一歩のところで手出しができなくなります。 何が正義なのかわからなくなるような展開だけで…

「プレミアム・ラッシュ」

NYマンハッタンのバイク・メッセンジャーが主人公。 展開は、1通の手紙の奪い合い。 単純なストーリーですが、退屈しません。 おススメです。 余談ですが、2012年製作の作品でレンタル開始が2016年。何なのでしょう? それでは・・・・。 2012年 アメリカ 日…

「ガーディアン」

“ティル・シュヴァイガー”が、主演と監督を務めた作品。 この映画がうけたので以前紹介した「ニック」シリーズが撮られたようです。 ガンアクションが、きわめてクールで「ニック」シリーズより、いいです。 ただ、出演者がこの「ガーディアン」と「ニック」…

「X-MEN:アポカリプス」

あけましておめでとうございます。今年イッパツ目はこれ。 「X-MENシリーズ」第6作。 プロフェッサーX、マグニートーがメインのシリーズとしては、「X-MEN: ファースト・ジェネレーション」「X-MEN: フューチャー&パスト」に続く3作目で、その三部作として…

「キャロル」

評判はかなりいいようです。 いわゆる芸術性が高い作品ってやつですかね?1950年代初頭のニューヨークが舞台なので、映像的にもおしゃれな仕上がりなのですが、わたしには退屈でした。 女性同士の同性愛を描いています。 ケイト・ブランシェットもルーニー・…

「セキュリティコール」

家という閉鎖スペースで繰り広げられる“パニックムービー”。 何かのDVDで予告編を観て、面白そうなので借りてみました。結果は大失敗です。まさに、ありきたりな展開。 よくあることですが、絶妙なCMにダマされました(笑)。 それでは・・・・。 2016年 カナダ…

「スターダスト」

ロバート・デ・ニーロが出演している映画は、ハズレがすくないので選んだ作品。 可もなく不可もなくって感じのファンタジーでした。 ちなみにデ・ニーロはたいした役どころではありません。 それでは・・・・。 2007年 アメリカ / イギリス 日本語吹き替えあ…

「キスキス,バンバン -L.A.的殺人事件」

ひょんなことから俳優になる泥棒とゲイの私立探偵の物語。 ものすごく面白そうな雰囲気を醸し出しているのですが・・・。 う~ん、つまらん(笑)。そんな映画です。 腹が立つような完成度の低さってわけでもなく、後味が悪いわけでもなく、もちろん駄作ってわ…

「警察署長ジェッシイ・ストーン 暗夜を渉る」

紹介が前後しましたが、これが「ジェッシイ・ストーン シリーズ」の第一作目。 ロサンゼルス市警察殺人課の刑事だったジェッシィ・ストーンが、飲酒問題でマサチューセッツ州パラダイスに警察署長に赴任したところから物語が始まります。 毎回完結のストーリ…

「教授のおかしな妄想殺人」

サイコな大学教授のお話です。 主人公が哲学の先生なので、セリフ回しがいい感じです。理屈のオンパレートで(笑)。 とうの昔に失った“生きる意味”を正義の名の元に計画殺人によって取り戻すって展開。 監督はウディ・アレン。 この人の映画はハズしませんね…

「トリプル9 裏切りのコード」

“トリプル9”とは警官銃撃を意味する緊急コードなんですって。 このコードが発生すると、警察署全体がその事件に取りくむので、他が手薄になる。それを利用して悪事を働くって筋書です。 もちろん、悪事を働くのは“トリプル9”を知っている現職警官です。 全編…

「サウスポー」

無名ボクサーがチャンピオンに上り詰めるという、お決まりの展開ではありません。少しだけ“ひねり”が効いています。 金も名誉も家族も仲間もすべて持っている絶頂期のチャンプが、愛する妻を銃で撃たれて失うことから、すべて総崩れ。試合でレフリーに暴行を…

「ハード・パニッシャー」

評判はよくないようですが、私は楽しめました。 両親を殺されたイギリス軍特殊部隊員の主人公が、次々に犯人グループを追い詰めて無残な殺し方で復讐していくってお話。 深みはありませんが、なかなか痛快です(笑)。 それでは・・・・。 2013年 アメリカ 日…

「幸せをつかむ歌」

ロックスターを夢見る“不良主婦”のお話。 家族との軋轢がやがて理解へと変わっていく“いい話”です。 以前にも書きましたが、私は予備知識なしで映画を観るんですんね。 本編を鑑賞しているとき、主役のメリル・ストリープと娘役の女優さんは鼻の形が似ていた…

「復活」

キリストの復活を題材にした作品。 この映画の面白いところは“ローマの軍人”が主人公だという点です。 職務としてキリスト処刑を全うし、復活を信じる弟子たちに対しての弾圧も行っていた兵士の人間性が、少しづつ変化していくさまにスポットが当たっていま…

「ニック/NICK ラスト・フューリー」

展開自体は「ニック/NICK ハードペイン」からの続きですが、第一弾からのつながりも、きっちり明かされていました。よくできたお話です。 シリーズを通しての特長ですが、今回は特にスリリングでスピーディ。目が離せませんでした。 おススメです。 シリー…