読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「『孤独力』で“ひとりがつらい”が楽になる」

「うつに効く本」の書評

SNSに疲れたひとに

  • shutterstock_193706969.jpg

■キラーフレーズ■

「ありのままの自分を受け入れるということは

これ以上進歩の必要性を認めない、という意味では ありません。

 『現在の自分はこれでよい』と 単に現実を受け入れるだけの話です。」 P.24

 

「何かに依存していく心は、罪悪感や『自分嫌い』 を膨らませるだけ」 P.42

 

「孤独を『何か』で満たそうとしても『もっと、もっと』と

なるばかりで、かえって孤独になってしまいます。

なぜかと言うと、何かを得ようとするときには

常に『足りない自分』『満たされてない自分』を

意識してしまうからす。」 P.45

 

★★★★☆

 

   

 

わたしは今まで「孤独」

を感じたことがありませんでした。

ですが、離婚を切り出されて、 「これからは家に息子もいないのかと」

と思うと 妙にさみしくなったのです。

 

その時に読んだのが、この本です。

水島広子先生の本はどれもわかりやすいので

安心して読めます。

 

「そうか、もっとがんばらないと・・・・」

と焦りを感じさせる内容ではなく、終始一貫して

 

「自分を認めよう」

 

ということが書かれています。

 

自分を知ることができる本。

一言で表すと、そんな感じです。

 

「つながり」に疲れぎみのひとは

一読してみてください。

考え方が変わるかも、しれませんよ。