読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「心が雨漏りする日には」

「うつに効く本」の書評
  • 153765.jpg

2004年に亡くなられた中島らもさんの作品です。

自分のお父さんが躁鬱病

自身も躁鬱とアルコール依存症に苦しんだ

半生を面白おかしく書いてあります。

 

らもさんは本の中で病院へ行くと

 

「世の中にはおれなんかよりもっと重症の人がいる。

 おれぐらいの軽症でへこたれてはダメだ

 という前向きな気持ちが生まれてくるのだ。」

 

と書かれていますが

まさに、読者にそう思わせてくれるような

一冊でした(笑)。  

 

すいすい読めるライトエッセイです。

 

へヴィな本のお口直しにお勧め。

 

 

 

そうそう、印象に残るフレーズが。

 

「おれの持論なのだが、人間は無数にある選択肢のなかで

 自分が選べる選択肢だけを選んで人生を生きている。  

 選べない選択肢を選ぶことは絶対にないのである。」

 

だから

 

「『ああ、あのとき酒を飲むのを控えていれば』  

 と後悔しても意味がない。」と・・・・。

 

これは精神科医の水島広子さんも

表現は違いますが同じことを言っておられたので

納得です。