読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「なぜ、働くのか」

  • workers-78002_640.jpg

田坂広志さんをこのブログで紹介するのは

これで3度目です。

 

サブタイトルは「生死を見据えた『仕事の思想』」。

 

「仕事をするにあたり

 現実に流されないための錨として思想は必要だ。」

 

という主張の根拠と思想獲得の方法が

この本のテーマです。

 

 

 

生死という深みにおいて観る「死生観」

 

世界という広さにおいて観る「世界観」

 

歴史とうい流れにおいて観る「歴史観

 

 

これが思想の3つの原点になるそうです。

 

毎度のことですが、テーマが深いし、重い・・・(笑)。

 

 

本文の中に

 

「皆さんが、もし仮に、これからの人生において

 

 『大病』の体験や『大事故』の体験が与えられ

 

  生死の淵から戻ってくることができたならば

 

 思っていただきたい。  

 

 自分には、何か大切な『使命』がある。・・・・」

 

とあります。

 

私は1995年阪神大震災で家が

半壊しましたが命に別状はなく・・・

 

2009年、厄年で「動脈乖離」が原因の「延髄梗塞」

で死にかけたのですが、6か月の入院の末

なんとか退院できました。

 

ですが、未だ「使命」は見つからず・・・。

正直「のど元すぎれば・・・」なんですよね~。

どうしたものでしょう(笑)。