読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「プロフェッショナル 仕事の流儀 介護福祉士 和田行男の仕事 闘う介護、覚悟の現場」

  • freedom-robot-shackles-chains.jpg

国鉄(現JR)職員から介護福祉士に転身した

異色の人物が和田行男さんです。

 

彼の介護の特長は

認知症患者さんの行動を制限せず

なるべく普通の生活を送ってもらうと

いうこと。

 

危険だという理由で

刃物を使うことや外出もままならない

施設が多い中で、周囲の反対を押し切って

独自のやり方にこだわっておられます。

 

 

 

そんな和田さんが

初めて1つの施設を任されたとき

一人のお婆ちゃんが行方不明になった

らしいです。

 

そして2時間後、無事保護されました。

 

そのとき、彼女の充実した表情を見て

「自分のやりかたは間違っていなかったんだ」

と確信を得たんですって。

 

 

 

彼の発言が心に刺さりました。

 

人間にとって何がすてきかって・・・

自分の意思で行動に移せることって

どれほどすてきかと。

その向こうにはリスクがいっぱい

あるんですけど、その人間にとって一番すてきな

ところを奪ったらあかんと。

 

できるだけそのことを守っていくというか

守り手にならなあかんと思っているんですよ

 

認知症介護にこの男あり・・・です。

 

 

 

それでは・・・・。