読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「すぐやる技術」

  • bigstock-Now-word-on-slot-machine-wheel-95584103.jpg

重い腰を上げるには

十分すぎる内容です。

 

著者は

『「折れない心」をつくるたった1つの習慣』

『平常心のコツ』

『自分を信じる人がいちばん強い』など

悩める人を元気づける書籍をたくさん出版

されている植西聡さん。

 

 

よく耳にすることも含めて

肝に銘じておきたい内容がてんこ盛り

なのですが、時間と共に忘れてしまう

のがオチなので(笑)今回も思い出せるよう

胸に刺さった部分を書き出しておきます。

 

 

 

ポイントは、すぐにやるか、やらないか

ということではなく、そのときの自分が

好きか、好きではないか

ということなのです。

 

 

すぐにやる代わりに

失敗してもいいと考える。

 

 

人は他人の失敗など

たいして気にしていません。

 

 

まずは、失敗してもいいから

動ける自分を目指そう

 

 

「何もやらないより、失敗するほうがまし」

「動いた分だけ、失敗が増えるのは当然」

 

 

「うまくいけばラッキー」くらいに

考えておけば、いいのです。

 

 

「万全の準備」で行動できることは

現実にはほとんどない

 

 

「不安がある」という状態は

何も特別のことではない

 

 

「すぐやる人」になれない人は

自分の身にトラブルが起こることを

怖れています。

中略

トラブルは避けられないもの。

解決するために動けばいい

 

 

どんなことでも、「物は試し」で

チャレンジしてみる

 

 

「そこそこできればいい」と

いう気持ちで気楽に挑戦する

 

 

時間は命

 

 

アラビアのことわざ

 

「何かをしたい者は、手段を見つけ

何もしたくない者は、言い訳を見つける」

 

 

この一文は耳が痛いです(笑)。

 

 

「できる理由」を見つける

中略

「自分もできそう」と思ったら

やる気は必ず出る

 

 

メリットに注目すると、意外なほど

たくさんあることに気付きます。

中略

デメリットばかり考えていると

動く気力がなくなります

 

 

他人のためと思うことで前に進める

 

確かに確かに・・・。

 

 

リストに書いてある順番通り

淡々と進めるのです。

 

その理由は下記らしいです。

 

多くの人が気付いていませんが

「すぐにやれない人」というのは

何をやるか迷っている時間が長いのです。

 

なるほど~。

 

 

「すぐやる人」というのは

何かを始めるときには、簡単なことから

手を付ていきます。

 

 

他人に喜んでもらえたことが

自分の自信になる

 

 

考えても、考えなくても

結果はそんなに変わらない

 

 

「さあ、やろう」と口に出して言う

 

こういうことが意外とバカにできないと

思う今日この頃です(笑)。

 

 

何かあっても、「こんなこともあるよね」

と冷静に受け止める

 

 

絶好調なときこそ

「これが本当の実力だ」と考える

 

 

他人と自分の人生は違って当然

 

 

 

全部当たり前のことですよね・・・・。

毎日読み返します(笑)。  

 

 

 

それでは・・・・。


すぐやる技術