読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「怖れを手ばなすと、あらゆる悩みから自由になる」

おっ! なかなかためになる本
  • 447979512X.jpg

AMAZONで高評価だったので

著者の大鶴和江さんのことは知りません

でしたが、読んでみました。

 

結論から言うと、非常に気持ちが

楽になりました。

 

お医者さんや大学の先生が書かれた本の

ようなアカデミックさはないので

理詰めだとツッコミどころが

あるかも知れませんが

精神的な落ち着きを求めるには

最適かと思います。

 

 

大鶴さんはNLP催眠療法交流分析

ゲシュタルト療法などを学ばれたようで

自らの考え方を“リトリーブサイコロピー”

と呼ばれています。

 

私の感想は全体的に、最近よく耳にする

「今、ここ」っていう

マインドフルネス”や

日本では水島広子先生が代表を務める

「許し」をメインにした

アティテューディナル・ヒーリング

的な要素が色濃いな~と。

 

 

最後に備忘録として刺さった一文を

書き出しておきます。

 

 

 

自分という人間の価値をできるできない

という基準で測るのをまずやめましょう。

 

 

 

 

二次利得(問題を抱えるメリット)

努力して物事がうまくいきはじめると

突然投げ出してしまう。

わけがわからないうちに急に無気力になり

やる気がなくなって途中放棄してしまったり

するタイプの人は、「子供っぽくて、

できない自分でいるほうが関心を持って

もらえる」というメリットを持っている

可能性があります。

 

 

 

「怖い」を受け止めないまま

ポジティブに考えようとすると、逆に深い

ところでその恐怖の感情がどんどん強く

なってしまいます。

 

ポジティブに考えられない自分を強迫的に

責めやすくもなります。

 

結果として、自己否定を強め

人に認められようとがんばることを

止められなくなり、悪循環になりやすいの

です。

 

 

 

私は人に好かれてもいいし、好かれなくても

それはそれでいい。それよりも

自分の本心からの思いにしたがって

生きることを優先する。

 

 

 

それでは・・・・。


怖れを手ばなすと、あらゆる悩みから自由になる