読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「最後までやりきる力」

  • goal.jpg

「やろうと思ったことは自動的に

できるという自信があってもそれは

大きな間違いである」

 

やる気だけでものごとを達成できる

のは100万人に1人しかいない。

やる気があるのに実行できないのは

普通のことなのだ、という前提で

本書はスタートしています。

 

よく言われていることですが

ものごとを最後までやりとげるには

意志力だけでは無理。

人間は嫌なことはしないし

目の前の誘惑に流されるものだ。

と、この本の著者も述べています。

 

それを回避する方法として

しなければならないことを

小さく分けるとか、約束等を利用して

強制力を持たすなどの方法が

紹介されていますが、それ自体に

目新しさはありません。

 

 

 

目から鱗だったのは

一度、成功したからといって

「自分はもう大丈夫だ」と

慢心してはいけない。

その都度、目標を達成するための

作戦をとらなければ、必ず失敗すると

いう内容です。

 

いや~納得!

 

 

あと、やる気を出すためのセミナーなど

に対しては肯定的です。

ただ、その影響力は長く続かないので

日々、思い出すための工夫が必要だと。

 

それには決意を呼び覚ますための合図を

作ったりするのがいいみたいです。

 

古典的ですが目に入るところに

張り紙をしておくとか・・。

これも慣れるとただの景色になって
しまうので、いろいろアイデアがいる
ようですが・・・。

 

 

ためになる本でしたが

構成は、トピックスが多すぎて

「そんな具体例ばっかりいらんて!」って

つっこみたくなるぐらい退屈です。

 

これは読み手の好みですが

私の嫌いな横書きでした。

参考までに・・・。

 

 

 

それでは・・・・・。

 

 

 

 


最後までやりきる力