読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「F○CK IT 『思い込み』をぶち壊せ!」

おっ! なかなかためになる本
  • 思い込み.jpg

サブタイトルが

「人生が劇的に軽くなるひと言」。

 

そういう内容です(笑)。

 

不適切用語ということではじかれるので

伏字にしていますが、ここでいう

「F○CK IT」とは「知ったことか!」

「だから何?」「もうええわ!」的な

意味で使われています。

 

常識や既成概念に囚われていることが

悩みを生み出すので、そういう状態のとき

上記のようなツッコミを入れて

考え方の枠組みを変えようって内容です。

 

著者はイギリス人の心理コーチ

ジョン・C・パーキン氏。

 

この書籍も22か国で発売されているとか。

 

翻訳は「あの世に聞いた、この世のしくみ」

の雲黒斎さん。

 

ご存知の方もおられると思いますが

雲黒斎さんはスピリチュアル系の人なので

この本の内容も・・・と思いきや

意外にそうではなかったです。

 

パーキン氏はヨガや気功のプログラムも

提供されているようで、本書でも

随所に東洋的な仏教色の強い考えを展開

されています。

 

 

 

以下、気になった部分を備忘録として

書き出しておきます。

 

 

  • 617ZDHK4jWL.jpg

僕の場合、自分の存在は完全に

無意味なのだと考えたときに

決まって開放感を味わえる。

 

 

人生で腹の立つことのほとんどは

どうにもできないことばかりだ。

中略

キーワードは「ま、いっか」だ。

 

 

自分自身を高く評価すればするほど

世の中もそれに同調して、高く評価

してくれるものなのだ。

 

 

禅僧のように落ち着いた人間でありたい

と求めるのは、そうでない自分のすべて

の部分を否定することだと気づいたのだ。

 

 

人生で自分が望むものがよくわからない

というのは、いわばホームセンターに行き

インフォメーションカウンターに行って

「ええっと~・・・何かおすすめって

ありますかね?」と尋ねるようなものだ。

 

 

問題は人からどう思われるかを気にして

ばかりいると、まわりの反応を「自分」

向けられた攻撃であると受け止めてしまい

歪んだ視点で世界を見るようになって

しまうことである。

 

 

人生の信条や精神性や宗教が、自分にとって

意味があればあるほど、苦痛が生まれる

可能性が大なのだ・・・

中略

「人生に意味を追い求めようとするのでは

なく追い求めないようにする」ということが

すべてに対する真実だ。

 

 

人生の価値観につっこみを入れるように

なって、物事が重要でなくなってきたら

自分の主義・主張への愛着もなくなっていく。

 

 

人生はユルユルになって

大きく構えるほうがいい。

抵抗しても、コチコチになっても緊張を生む

だけなのだから。

 

 

ときには開き直りも、ありかな~って

思える一冊でした。

 

 

 

それでは・・・・。

 

 

 


FUCK IT 「思い込み」をぶっこわせ!: 人生が劇的に軽くなるひと言 (単行本)