読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「そして、私たちは愛に帰る」

  • そして、私たちは愛に帰る.jpg

第60回カンヌ国際映画祭最優秀脚本賞に輝いた作品で、レビューもなかなかの高評価。

 

でも私には、良さがさっぱりわかりませんでした。

 

思い切って辛口な表現をさせていただくと、“カンヌ”で評価される作品って毛色が一緒ですよね? よく言えば「芸術性が高い」っていうんですかね~。「この作品の奥深さわかりますよね~、映画好きなら」的なまわりくどい退屈な脚本と展開(笑)。

 

この作品も御多分に漏れずです。

 

深いメッセージを分かりやすく“エンターテイメント”風味で仕上げた作品がいいすね~、個人的には・・・。

 

カンヌ受賞作品は二度と観ないでおこうと決心したのでした。

 

 

 

それでは・・・・。

 

 

 

2007年 ドイツ・トルコ 日本語吹き替えあり