先延ばしは心配に由来します ◆ 「心の中がグチャグチャで捨てられないあなたへ」

片付け本には大きく分けて2種類あると考えています。 一つは、片付ける方法、テクニックに特化したもの。もう一つは、片付けることの意味・意義について語ったもの。 この本は、後者にあたります。 非常に学びが多い本でしたので、いつものように備忘録。 質…

『TENET テネット』で話題のクリストファー・ノーラン監督作品 ◆ 「バットマン ビギンズ」

「クリスチャン・ベールを主演に迎え、バットマン誕生の伝説を描くエンターテインメント超大作。監督は『インソムニア』のクリストファー・ノーラン。リーアム・ニーソン、モーガン・フリーマン、ゲイリー・オールドマンなどの演技派に加え、日本の渡辺謙も…

グロテスクなストーリーです ◆ 「聖女/Mad Sister」

「格闘家のイネ(イ・シヨン)は過剰防衛で服役したのち、高校生の妹・ウネ(パク・セワン)のところに戻る。ウネは18歳だが精神年齢は10歳だった。ある日、妹が学校から戻らないことを心配したイネは、警察や学校に相談するが相手にされない。イネは妹を捜しな…

誰からも相手にされない変わり者・・・ ◆ 「ワイルド・ウエスト 復讐のバラード」

「1889年、アメリカ西部開拓時代。英雄としてみんなに慕われていたカウボーイのエディ。一方、長年の相棒レフティはエディ以外の誰からも相手にされない変わり者だった。エディはモンタナ州の次期上院議員に指名され、自分の牧場をレフティに任せようとして…

日本映画の中では秀逸 ◆ 「空母いぶき」

「『沈黙の艦隊』『ジパング』などのかわぐちかいじのコミックを原作にしたミリタリーサスペンス。波留間群島の一部占領を受け、現場に向かう航空機搭載護衛艦の乗組員の運命を多角的に映し出す。監督は『沈まぬ太陽』などの若松節朗。『MOZU』シリーズなど…

さまざまな『煩悩の親玉』 ◆ 「100分de名著ブッダ“真理のことば”第2回『うらみから離れる』」

「人間は現実と希望とのギャップに常に苦しみ、常に世の中が自分にとって都合のよい状態であることを願っている。しかし、その願いがかなわないと知る時、人は世の中や他人を恨み、正常な判断力を失いがちだ。そして『あの人は私に意地悪をしている』などと…

重厚で深遠なテーマ!? ◆ 「クロッシング・ウォー 決断の瞬間(とき)」

「ドイツ連邦軍によるアフガニスタン駐留がテーマの戦争ドラマ。人々をタリバンから守るという目的でアフガニスタンに向かったドイツ人兵士が、同地のさまざまな現実や自身の限界を悟る姿を追う。メガホンを取るのは、テレビシリーズなどを中心に女優として…

如何様にも・・・ ◆ 「ロボコップ (2014)」

「1987年製作のポール・ヴァーホーヴェン監督作『ロボコップ』をリメイクした近未来SFアクション。爆破によりひん死の重傷を負った警官が最新技術によりロボコップとして生まれ変わる姿を描く。メガホンを取るのは『バス174』などのジョゼ・パヂーリャ。主演…

近年のニコラス・ケイジ主演作に中では、かなりましです ◆ 「ノウイング」

「『アイ,ロボット』のアレックス・プロヤス監督が放つディザスター・ムービー超大作。消滅の危機にひんした地球を舞台に、ある重大な事実を知った大学教授とその幼い息子による愛と勇気のドラマが展開する。主人公の大学教授を演じるのは『ナショナル・トレ…

『インセプション』のクリストファー・ノーラン監督作品 ◆ 「ダークナイト ライジング」

「鬼才クリストファー・ノーラン監督が、『ダークナイト』に続いて放つアクション大作。8年間平和を保ってきたゴッサム・シティを狙うベインが出現し、再びダークナイト(バットマン)と激しい攻防を繰り広げる様子を映し出す。今回も主演のクリスチャン・ベ…

マ・ドンソク主演作品にハズレなし ◆ 「悪人伝」

「『新感染 ファイナル・エクスプレス』『無双の鉄拳』などのマ・ドンソクが主演を務めたバイオレンスアクション。何者かに襲撃され重傷を負ったヤクザの極悪組長が、無差別連続殺人事件を追う暴力刑事と協力して犯人を追い詰めていくさまを描く。監督・脚本…

第51回 ブルーリボン賞外国作品賞 ◆ 「ダークナイト」

「映画『バットマン ビギンズ』の続編で、バットマンの最凶最悪の宿敵であるジョーカーの登場で混乱に陥ったゴッサムシティを守るべく、再びバットマンが死闘を繰り広げるアクション大作。監督は前作から続投のクリストファー・ノーラン。またクリスチャン・…

『ジャスティス・リーグ』のジェイソン・モモア主演 ◆ 「ワイルドブレイブ」

「愛する妻子、老いた父リンデン(スティーヴン・ラング)と暮らすジョー・ブレイブン(ジェイソン・モモア)は、父の認知症が悪化してきたことから、思い出深い雪山のロッジで父と話をしようとする。一方、ロッジの近くでスリップ事故を起こした麻薬密売人…

イーサン・ホーク主演 ◆ 「スリー・ジャスティス 孤高のアウトロー」

「父親からのひどい暴力に耐えてきた少年リオとその姉サラは父を射殺し、叔父のグラントに追われていた。二人はアメリカ南西部をさまよううちに伝説のアウトロー、ビリー・ザ・キッド(デイン・デハーン)一味と出会うが、ビリーたちを追う保安官パット・ギャ…

“二つの人格を持つ主人公” ◆ 「ジョナサン-ふたつの顔の男-」

「規則正しい生活をしている内向的な青年のジョナサン(アンセル・エルゴート)には、ジョン(アンセル・エルゴート)という別人格が潜んでいた。彼らは脳に埋め込まれたタイマーを用いて午前7時と午後7時に人格を切り替え、お互いが体験できなかった12時間内の…

監督リュック・ベッソン・主演ロバート・デ・ニーロ ◆ 「マラヴィータ」

「ロバート・デ・ニーロ演じる元大物マフィア一家と現役マフィアとの対立を、製作総指揮マーティン・スコセッシ、監督リュック・ベッソンで描くクライムコメディー。FBIの証人保護プログラムのもとで偽名を使い、世界を転々とする元大物マフィアファミリーが…

『ゴッドファーザー PART Ⅲ』の “アンディ・ガルシア” 製作・主演 ◆ 「ファミリーズ・シークレット 秘密を抱えた家族」

「NYのブロンクス地区。海に囲まれたシティ島に住むヴィンスは、看守として刑務所で働き3人の家族を養う平凡な男。妻のジョイスとは倦怠期真っ只中だが、女子大生の長女ヴィヴィアンは真面目な優等生だし、高校生の息子ヴィニーは、口達者だか素直で良い子に…

邦題と雰囲気はいいです(笑) ◆ 「私の居場所の見つけかた」

「リタ(K・ホームズ)と娘のルーシー(S・L・オーウェン)は、リタの恋人の家を転々として生活してきた。今度もリタの恋人の家を飛び出したふたりは、新しい生活に希望を抱きながらボロボロの車を走らせていた。しかし道中で車が壊れ修理代で一文無しになって…

舞台をドイツからイタリアに ◆ 「帰ってきたムッソリーニ」

「イタリアの独裁者ムッソリーニが現代に復活し、再び国の権力者になろうとするさまを描いた風刺コメディー。ルカ・ミニエーロ監督が、映画化もされたベストセラー小説『帰ってきたヒトラー』を、舞台をドイツからイタリアに置き換えて映画化した。ムッソリ…

ジャン・レノ主演による感動ドラマ ◆ 「プロヴァンスの休日」

「『レオン』『WASABI』などの名優ジャン・レノ主演によるハートフルドラマ。南フランスのプロヴァンスに暮らす頑固な男と、彼と初めて対面する孫たちの触れ合いを見つめる。メガホンを取るのは、『黄色い星の子供たち』などのローズ・ボッシュ。『ハモンハ…

ブラジル発、少年少女のオシャレで可愛らしい青春映画 ◆ 「彼の見つめる先に」

「ダニエル・ヒベイロ監督が手掛けた短編作を、自身が再びメガホンを取って長編映画にした青春ドラマ。目が見えない若者が恋を知り、少しずつ大人になっていく姿を描写する。主演に抜てきされたのは、舞台やテレビシリーズなどに出演してきたジュレルメ・ロ…

『ニック NICK』シリーズ ◆ 「アウトサイダー」

「『イングロリアス・バスターズ』のティル・シュワイガーが復讐に燃える孤高の刑事を熱演するドイツ製テレビドラマ『ニック NICK』シリーズの劇場版。ニックの妻を殺した犯罪組織の首領アスタンは、ニックとの死闘の末についに逮捕され、祖国トルコの刑務所…

完成度が高い ◆「ドクター・ドリトル (2020)」

「児童文学『ドリトル先生』シリーズを、『アイアンマン』シリーズなどのロバート・ダウニー・Jrら出演で映画化。ドリトル先生が、動物たちと共に冒険に繰り出す。アントニオ・バンデラス、マイケル・シーン、ジム・ブロードベントが共演するほか、動物のボ…

第35回 日本アカデミー賞最優秀作品賞 ◆ 「八日目の蝉」

「誘拐犯の女と誘拐された少女との逃亡劇と、その後の二人の運命を描いた、角田光代原作のベストセラー小説を映画化したヒューマン・サスペンス。監督は、『孤高のメス』など社会派エンターテインメント作品で定評のある成島出。誘拐された少女の大学生時代…

制作者の意図は? ◆ 「ダイアナ」

「『インポッシブル』などの演技派女優ナオミ・ワッツが主演を務め、1997年に交通事故死した元イギリス皇太子妃ダイアナに迫る感動作。20歳で英国王室に嫁いだ若く魅力的な女性が出産や離婚を経験し、しなやかに変貌と自立を遂げる姿を描き出す。メガホンを…

ヒットメーカー矢口史靖監督作品 ◆ 「WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~」

「大学受験に失敗し高校卒業後の進路も決まっていない勇気(染谷将太)は、軽い気持ちで1年間の林業研修プログラムに参加することに。向かった先は、携帯電話が圏外になるほどの山奥のド田舎。粗野な先輩ヨキ(伊藤英明)のしごき、虫やヘビの出現、過酷な林…

第6回WOWOWシナリオ大賞受賞作を映像化 ◆ 「埋もれる」

「第6回WOWOWシナリオ大賞受賞作に選ばれた香坂隆史の『愛の告発』をタイトルを変えドラマ化。主演の桐谷と監督の吉田康弘は2003年の映画『ゲロッパ!』で出会って以来の友人同士でタッグを組んだ」Wikipedia エンディングには賛否あるでしょうが、先が気にな…

まさに“娯楽映画” ◆ 「アンクル・ドリュー」

「北米のプロバスケットボールリーグであるNBAのスター選手カイリー・アービングが特殊メイクで老人にふんし、若者相手に超絶テクニックを見せたCMを映画化。プロ選手の夢を諦めた青年が伝説的なバスケットボール選手だった老人と出会い、ニューヨーク最大の…

心の元気を取り戻す ◆ 「落ち込みやすいあなたへ」

著者は臨床心理士のクラウス・ベルンハルトさん。 ドイツで大ベストセラーになった「敏感すぎるあなたへ」に続く第2弾らしいです。 “食事・運動・睡眠・思考・言語”と“うつ”に関して、多岐にわたるアプローチを本書で展開しています。 今回も学びが多かった…

こういう映画自体がアメリカのプロパガンダ? ◆ 「ザ・レポート」

「『スター・ウォーズ』シリーズや『マリッジ・ストーリー』で活躍するアダム・ドライバーの主演で、CIAが行っていた拷問に関する実態を調査した報告書に関する実話をもとに描いたポリティカルドラマ。9・11同時多発テロ事件後、アメリカ上院職員のダニエル…