第35回 日本アカデミー賞最優秀作品賞 ◆ 「八日目の蝉」



「誘拐犯の女と誘拐された少女との逃亡劇と、その後の二人の運命を描いた、角田光代原作のベストセラー小説を映画化したヒューマン・サスペンス。監督は、『孤高のメス』など社会派エンターテインメント作品で定評のある成島出。誘拐された少女の大学生時代を井上真央が演じ、愛人の娘を誘拐する女性に永作博美がふんするほか、小池栄子森口瑤子田中哲司など実力派俳優が勢ぞろいする」シネマトゥデイ

 

原作がいいのでしょうか?

 

非常によくできたお話です。

 

全編通して、“ダーク”で“ウェット”。

 

 

惹き込まれます。

 

 

 

それでは・・・・。

 

2011年 第54回 ブルーリボン賞主演女優賞 永作博美

2012年 第36回 エランドール賞プロデューサー賞 有重陽

2012年 第35回 日本アカデミー賞最優秀作品賞 成島出

2012年 第35回 日本アカデミー賞最優秀監督賞 成島出

2012年 第35回 日本アカデミー賞最優秀脚本賞 奥寺佐渡

2012年 第35回 日本アカデミー賞最優秀主演女優賞 井上真央

2012年 第35回 日本アカデミー賞最優秀助演女優賞 永作博美

2012年 第35回 日本アカデミー賞新人俳優賞 渡邉このみ

2011年 第85回 キネマ旬報ベスト・テン主演女優賞 永作博美

2011年 第85回 キネマ旬報ベスト・テン読者選出日本映画監督賞 成島出

 

 

 

 

2011年 147分