セリフが秀逸! ◆ 「ドラキュラ/デメテル号最期の航海」



「これまでにも数多く映像化されてきたブラム・ストーカーの名作小説『吸血鬼ドラキュラ』から、第7章『デメテル号船長の航海日誌』を映画化したモンスターホラー」

 

ルーマニアのカルパチア地方からイギリスのロンドンまで、謎めいた50個の無記名の木箱を運ぶためチャーターされた帆船デメテル号は、その航海の途上で毎夜、不可解な出来事に遭遇する。デメテル号船長の航海日誌に記されたおよそ1カ月におよぶ無慈悲な存在との対峙の記録をもとに、大海原をわたるデメテル号に何が起こったのか、そして謎に包まれた50個の木箱の中身をめぐる恐怖の物語が展開する」映画.COM

 

劇中、気になるセリフがあったので記しておきます。

 

 

 

船長にしたいことを訊かれて、主人公の黒人医師が返答

 

医者

「世界を理解したい。知れば知るほど理不尽なのでね・・・」

 

船長

「世界の方は、君の気持なのど気にしちゃいない。理解しようとするだけ無駄だ。『ただ受け入れろ』そう思ってるんじゃないかな?

 

 

 

身元不明の女性を助けようとする場面で、それに反対するクルーに対して

 

医者

「手伝うか?邪魔するか?邪魔するなら消えろ」

 

どっちでもいい。とにかくどっちかに決めて行動に移せ!

 

 

 

それでは・・・。

 

 

 

2023年 アメリカ 日本語吹替あり