クリント・イーストウッドが監督・製作・主演 ◆ 「クライ・マッチョ」



「『運び屋』などのクリント・イーストウッドが監督と主演などを務め、N・リチャード・ナッシュの小説を原作に描くヒューマンドラマ。落ちぶれた主人公が、少年と二人でメキシコを横断しながら心を通わせていく。原作者のナッシュと『グラン・トリノ』などのニック・シェンクが脚本を担当し、『ミリオンダラー・ベイビー』などのアルバート・S・ラディらが製作を手掛ける。エドゥアルド・ミネットやナタリア・トラヴェンをはじめ、カントリー歌手としても活動するドワイト・ヨーカムらが出演する」シネマトゥデイ

 

なんだかんだ言いながら、外さないクリント・イーストウッド監督作品。

 

この映画も御多分に漏れずです。

 

 

 

それでは・・・。

 

 

 

2021年 アメリカ 日本語吹替あり

貴重な映像 ◆ 「NHKスペシャル 引き裂かれた歳月 ~証言記録 シベリア抑留~」



「太平洋戦争終結後、57万人以上の日本軍将校や民間人が強制労働を強いられた『シベリア抑留』。酷寒や飢餓により、少なくとも5万5千人以上が命を落とした。長期にわたる過酷な収容所生活の中で、抑留者一人ひとりはどんな決断を強いられ、どのように生きたのか?苛烈な生存競争を激化させた日本軍組織の矛盾。そして多くの抑留者たちが米ソ冷戦という国家間の対立の中で幾重にも引き裂かれた。日本に帰国を果たした後も抑留体験者は、なぜ深い葛藤を抱え続けねばならなかったのか?数多くの抑留体験者の証言を積み重ね、『シベリア抑留』という悲劇の全体像を多面的に浮かび上がらせる」NHK

 

生存者の声が聴けるのは、これが最後になると思われるので貴重な映像かと・・・。

 

 

 

それでは・・・。

 

 

 

2010年 48分

リル・ウェイン自身が公開差し止めの訴訟を起こした衝撃の問題作 ◆ 「リル・ウェイン ザ・カーター」



「現代ヒップホップシーンを代表する最強ラッパー、リル・ウェインのアーティストライフを記録したドキュメンタリー。アルバム『カーター3』リリース前後のリル・ウェインに完全密着取材し、スキャンダラスな彼の素顔と魅力、舞台裏に迫る」キネマ旬報社

 

ヒップホップに興味がある方限定で、おススメです。

 

 

 

それでは・・・。

 

 

 

2008年 アメリカ 日本語吹替なし

あなたは、自分のおじいさんのこと知っていますか? ◆ 「NHKスペシャル 祖父が見た戦場 ~ルソン島の戦い 20万人の最期~」



NHKアナウンサー小野文惠の祖父はフィリピン・ルソン島で戦死した。しかし、いつ、どこでどのように亡くなったのかは、分かっていない。祖父の足跡を辿るために、母・公子とルソン島へ向かった小野アナウンサー。その旅で見えてきたのは、20万人が命を落としたルソン島の絶望の戦場と戦争のむごさだった」Oricon

 

安定した仕上がり。

 

毎度ながら感心します。

 

是非、ご覧になってください。

 

 

 

それでは・・・。

 

 

 

2018.8 NHK総合 49分

第70回 アカデミー賞脚本賞受賞作品 ◆ 「グッドウィルハンティング」



「深い心の傷を負った天才青年と、同じく失意の中にいた精神分析医がお互いにあらたな旅立ちを自覚して成長してゆく姿を描く感動のヒューマン・ドラマ。ボストンに住む青年ウィルは、幼い頃から天才ゆえに周囲から孤立していた。だが、彼の才能に気付いた数学教授のランボーは、ウィルに精神分析医のショーンを紹介する。ウィルはショーンにしだいに心を開いてゆくが、彼の才能に気付いた政府機関や大企業が接近してくる」allcinema

 

ベン・アフレックマット・デイモンド。

 

二人とも若い!当たり前ですけど・・・(笑)。

 

 

1997年 第70回 アカデミー賞助演男優賞 

ロビン・ウィリアムズ

 

1997年 第70回 アカデミー賞脚本賞 

ベン・アフレック マット・デイモン

 

1997年 第55回 ゴールデン・グローブ賞脚本賞 

ベン・アフレック マット・デイモン

 

 

 

それでは・・・。

 

 

 

1997年 アメリカ 日本語吹替あり

スタジオジブリを捉えたドキュメンタリー ◆ 「夢と狂気の王国」



「デビュー作『エンディングノート』が絶賛された砂田麻美監督が、国民的アニメーションスタジオ、スタジオジブリを捉えたドキュメンタリー。『となりのトトロ』など世界中で愛されている名作の数々を生み出してきたジブリの中核を担う宮崎駿監督、高畑勲監督、鈴木敏夫プロデューサーに密着し、緊張感に満ちた創作の現場を映し出す。数十年にわたり苦楽を共にしてきた三人の確執や作品に懸ける思い、夢を生み出す創作の秘密に触れることができる」シネマトゥデイ

 

数々のヒット作を生み出している現場だけに、ジブリの好き、嫌いは抜きにして、チェックしても損はないかと思われます(笑)。

 

 

 

それでは・・・。

 

 

 

2013年 118分 

豪華すぎるキャスティング ◆ 「キラーエリート」



ジェイソン・ステイサムクライヴ・オーウェン、オスカー俳優ロバート・デ・ニーロという3人の実力派俳優が豪華共演を果たしたアクション・サスペンス。エベレスト登頂に成功したこともある元SAS(英国特殊部隊)隊員のベストセラー小説を基に、すご腕の殺し屋が世界をまたに掛けた死闘を繰り広げる。激しいカーチェイスや銃撃戦はもちろんのこと、主演のジェイソンが挑むビルからのジャンプなど、CGを使用しない本格アクションの数々に息をのむ」シネマトゥデイ

 

ジェイソン・ステイサムが好きな方は、マストかと・・・。

 

言われなくても、すでに視聴済だとは思いますが(笑)。

 

 

 

それでは・・・。

 

 

 

2011年 アメリカ 日本語吹替あり

第64回 ゴールデン・グローブ賞主演女優賞 ◆ 「プラダを着た悪魔」



「ローレン・ワイズバーガーの同名のベストセラー小説を映画化した、ハートウォーミングな女性映画。ゴージャスなファッション業界誌の舞台裏をコミカルにみせる。カリスマ編集長を貫禄たっぷりに演じたのは『クライシス・オブ・アメリカ』のメリル・ストリープ。助手役の『ブロークバック・マウンテン』のアン・ハサウェイと大物女優のやり取りもスリリングだ。続々と登場する一流ブランドのファッションや着こなしも必見」シネマトゥデイ

 

かなり有名な作品ですが、なんとなく縁がなくて観たことがありませんでした。

 

たしかに完成度は高いです。

 

繰り返し観たいと思えるほどではありませんが・・・(笑)。

 

 

 

それでは・・・。

 

 

 

2006年 アメリカ 日本語吹替あり

ソウルの女王 アレサ・フランクリンの半生を描く伝記ドラマ ◆ 「リスペクト」



「『ソウルの女王』と称されるアレサ・フランクリンの半生を描く伝記ドラマ。世界的なスターへと上り詰め華やかな活躍を見せる一方、私生活では苦悩の多かった彼女の姿が描かれる。監督はドラマ『ウォーキング・デッド』などに携わってきたリーズル・トミー。アレサを『ドリームガールズ』などのジェニファー・ハドソンが演じ、数々の名曲を熱唱する。そのほかオスカー俳優フォレスト・ウィテカー、『最凶赤ちゃん計画』などのマーロン・ウェイアンズ、『ボディカメラ』などのメアリー・J・ブライジらが共演」シネマトゥデイ

 

ソウル音楽が好きなかたには、ぴったりかと。

 

上記以外の方には、可もなく不可もなくってところでしょうか・・・(笑)。

 

 

 

それでは・・・。

 

 

 

2021年 アメリカ 日本語吹替あり

ヒョンビンとユ・ヘジン共演 ◆ 「コンフィデンシャル 共助」



「韓国に逃亡した北朝鮮の犯罪組織を捕らえるため、両国の刑事が組んで捜査に挑むアクション。妻と仲間を殺され復讐に燃える北朝鮮のエリート刑事に『王の涙 イ・サンの決断』などのヒョンビン、韓国の熱血刑事を『極秘捜査』などのユ・ヘジンが演じる。共演は『妻が結婚した』などのキム・ジュヒョク、少女時代のユナら」シネマトゥデイ

 

う~ん悔しいかな韓国映画は外しませんね~(笑)。

 

 

おススメ。

 

 

 

それでは・・・。

 

 

 

2017年 韓国 日本語吹替あり