読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「大丈夫、なんとかなるさ」

  • img_0.jpg

著者の近藤勝重さんは

毎日新聞社東京本社・特任編集委員。

 

こういった「あったか・ためになる系」

から最近では「文章の書き方系」の本まで

幅広く出されています。

 

偉人や著名人の名言から

自らがパーソナリティを務めるラジオ番組で

出逢った言葉まで心にしみる“ひと言”が

目白押し!

 

読んだ後、気持ちが楽になりました。

 

その中でも、忘れないであろうシンプルな言葉

 

「まず、布団をけって跳ね起きよう」

 

そーなんですよ。

 

私は朝が弱いわけではないのですが

目が覚めてから行動に移すまで

ネガティブな妄想が頭の中を駆け巡って

しまうんです。

 

もちろん今までの人生、学校や会社には

通っていましたが、休日となると、も~。

起きれないんです。

起きたくないのかもしれません。

 

だから、この言葉は非常に効きました。

 

理屈もへったくれもなく

起きれば何とかなるもんですから

実行あるのみです。

 

できない時も多々ありますが(笑)。

 

 

あともう1つ。

 

ガンの再発を恐れていた奥さんに対して

その旦那さんが発した言葉。

 

「そのときは、そのとき」

 

これまた理屈じゃないんですよね。

感動しました。

 

 

こんな何気ない、けれども

胸に刺さるようなお話がいっぱいの本です。

 

おススメ!

 

 

 

それでは・・・・。