読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ケトジェニックダイエット」

おっ! なかなかためになる本
  • ステーキ.jpg

斎藤糧三というお医者さんが

書いた本です。

 

賛否両論ある糖質制限ですが

理屈的には納得できました。

 

内容をまとめると

 

人類の歴史で農耕を始めたのは

最近のことなので、炭水化物を摂らない

ほうが人間にとって自然。

 

必須アミノ酸・必須脂肪酸はあるが

必須糖質などというものはない。

 

糖質を制限すると、身体は健康になる。

 

身体は糖質を制限すると

脂肪を使ってケトン体を生成する。

 

「脳はブドウ糖しかエネルギーにしない」

と言われたは昔の話。

ケトン体がその代わりになる。

 

炭水化物を制限してエネルギーが

足りなくなると、筋肉を分解して

糖質に変えてしまうので、不足分は

脂質とたんぱく質で補うことが必須!

 

糖質制限ダイエットで失敗するのは

栄養不足に陥るから!

 

糖質制限をすると

「糖エネルギーメイン」から

「脂肪酸エネルギーメイン」に!

 

ノンカロリーでもインシュリンが分泌

される人口甘味料もあるので注意。

 

むくみはたんぱく質不足から。

 

肉と同時に野菜や大豆を食べないと

マグネシウム不足でセロトニン生成に

影響が出て、イライラする。

 

ご飯1杯の糖質=角砂糖17個分

炭水化物=糖質+食物繊維

 

肥満の原因は糖分を摂ったときの

大量に出るインシュリン

カロリーは二の次。

 

血糖値の乱高下が眠気や頭痛に直結。

 

ご飯食べると血糖値が上がるが

バターを摂っても上がらない。

 

ざっとこんな感じでしょうか。

 

 

その他、ケトン体を増やす油や

血糖値を上げない甘味料。

ケトン臭についても説明があります。

 

アルツハイマー」や「がん」と糖質の

関係にも言及されているので

興味のある方は一読されてはどうでしょう。

 

 

 

それでは・・・・。