このドキュメンタリー番組・・・・

アレルギーや花粉症でお悩みの方必見です! ◆ 「NHKスペシャル 第4集 万病撃退!“腸”が免疫の鍵だった」

「ひとたび、腸で免疫のバランスが崩れ、免疫細胞が暴走を始めると大変なことに。花粉や食べ物、自分の体の一部まで『敵』と誤って攻撃し、さまざまなアレルギーや免疫の病を引き起こしてしまう。どうすれば、腸内細菌が出す“メッセージ”を活用してこの暴走…

迫力あるCG ◆ 「今よみがえる 氷河期の動物たち」#1 緑の楽園

「最新の研究と独自の迫力あるCGで氷河期の動物たちの生態を解き明かすシリーズ」BBC地球伝説 てことで、第一話は“サーベルタイガー”にスポットが当たっています。 あんまり「え~!」というような内容ではありませんでした。 可もなく不可もなくですかね・…

癒されます ◆ 「イヌ その秘められた力」

「世界に400を超える種類がいるとされるイヌ。人間の4倍の聴力、60倍の嗅覚があると言われ、牧羊犬や介助犬などとして人間社会で様々な役割を担ってきた。最新の研究では、ガン細胞を匂いでかぎ分ける能力があるとされ、人を癒す力も科学的に証明されつつあ…

若さの秘密・・・ ◆ 「NHKスペシャル 第3集 “骨”が出す!最高の若返り物質」

なんと驚きです。 タイトル通り、骨から若さを保つメッセージ物質が出ているそうです。それ以外にも「記憶力」「筋力」「免疫力」、そして「精力」にも関係してるとか・・・。まさに「へ~」ですよね(笑)。 それと、骨を丈夫にするには、刺激が必要なので…

なぜダイエットに失敗するのか ◆ 「NHKスペシャル 第2集 驚きのパワー!“脂肪と筋肉”が命を守る」

「第2集のテーマは“脂肪と筋肉”です。なぜダイエットに失敗するのか、メタボリックシンドロームはなぜ怖いのか。最新科学が、その本当の理由を、明らかにしていきます。 単に体を覆っているだけだと思ったら大間違い。脂肪が、脳や免疫をコントロールしたり…

さすが!完成度が違います ◆ 「NHKスペシャル 第1集 “腎臓”が寿命を決める」

脳が司令塔で他の臓器はそれに従うものと思われていた身体の構造。最新の研究で、それぞれの臓器が“メッセージ物質”を通じて互いに連絡を取っていることが分かってきたらしいです。 全体が関係しあっているという考えかた自体は東洋医学的だな~と感じました…

一言一言が重い ◆ 「プロフェッショナル 仕事の流儀 ウイスキーブレンダー 輿水精一の仕事 優等生では面白くない」

またまた「プロフェッショナル 仕事の流儀」。 今回はウイスキーブレンダー輿水精一さんのお仕事。 ウイスキーは多いときで30~40種類の原酒を混ぜるて味を決めるのだとか。味覚・嗅覚を頼りに“味を決める”のがウイスキーブレンダーという仕事らしいです。 ど…

フレーズのインフレ状態(笑) ◆ 「 プロフェッショナル 仕事の流儀 日本料理人 山本征治の仕事 覚悟をもって、我が道を行く」

その時代に応じた進化が必要なのだと、既成の日本料理に新風を吹き込む料理人 山本征治さん。 この考え方には共感を覚えます。 例えば油絵具が出だした頃、それを使っていろんなものを描いた人と、今の時代に「伝統的な油絵具を使った絵画とは・・・」とうん…

“1万円選書”って? ◆ 「プロフェッショナル 仕事の流儀 書店店主・岩田徹の仕事 運命の1冊、あなたのもとへ」

「北海道で小さな町の本屋を営む岩田徹(66)。岩田が注目を集めるきっかけとなったのが、11年前から独自で展開しているサービス『1万円選書』。1万円の予算で岩田が客1人1人にあった本を選び出すというものだ。全国各地から注文が殺到、3,000人待ちという盛…

いつもながらの完成度 ◆ 「なぜ日本は焼き尽くされたのか~米空軍幹部が語った“真相”~」

「1945年、日本はなぜ焼け野原になったのか?アメリカ軍内を取材中の2017年4月、半世紀以上前の空軍幹部246人の肉声テープを発見。日本への空爆を計画し実行したカーチス・ルメイなど幹部の貴重な証言だった。軍内の記録用インタビューのため、野望や焦りな…

アカデミックな構成 ◆ 「検証!古代建造物の謎」

「マチュピチュ」「マヤ遺跡」「エジプトのピラミッド」を“建築”目線で検証しようという“ナショナルジオグラフィック”の番組です。 この手の特集についつい、好奇心がそそられる方も多いのではないでしょか? ただですね、あまりにもアカデミックな構成で新…

へ~そんな仕事あるんですね・・・ ◆ 「プロフェッショナル 仕事の流儀 潜水士 渋谷正信の仕事 誇りを胸に、海へ飛び込め」

埋め立て地や橋など、水中で作業をするのが“潜水士”と言われる人たちだそうです。そんな職業があるとは思いもしませんでした。 プロフェッショナル 仕事の流儀 潜水士 渋谷正信の仕事 誇りを胸に、海へ飛び込め... この「プロフェッショナル 仕事の流儀」シ…

超特殊な生き方 ◆ 「プロフェッショナル 仕事の流儀 猟師・久保俊治の仕事 独り、山の王者に挑む」

日本ではほとんどいなくなったという猟師・久保俊治さん。 仕留めた野生動物をお金に換えて、生活しているわけではなく(もちろん皮などは売却するようですが)肉を食べるために狩りをしています。 エゾジカ1頭で1か月間しのげるようです(もちろんお金換算…

ランナーの思考 ◆ 「天空の超人たち ~激走!日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース」

北アルプス、中央アルプス、南アルプスを抜け、太平洋まで1週間で走破する2年に1度の大会がこの「 トランスジャパンアルプスレース」。 賞金も、商品もないこの過酷なレースを完走するランナーは、いったいどんなことを考えているのかという興味がこの番組を…

頑張れ!おじさん世代 ◆ 「 プロフェッショナル 仕事の流儀 スキージャンプ日本代表 葛西紀明の仕事 伝説の翼、まだ見ぬ空へ」

一時よくメディアに登場していた“レジェンド 葛西紀明”さんの特集です。 20台がピーク、30代はほとんどいないという世界、オーバー40で表彰台に上るというのは、まさに驚きの一言です。 日本がスキージャンプ団体で金メダルを取った長野大会、オリンピックに…

“神の手” ◆ 「プロフェッショナル 仕事の流儀 自動車整備士 小山明・博久の仕事 一徹に直す、兄弟の工場」

今回のプロフェッショナルは、トラックからクラシックカー、フェラーリにレーシングカーまで直してしまう自動車整備士の兄弟を追っています。 この二人、同業者からも“ゴッドハンド”と呼ばれるほどの腕前。 なので宣伝もしないし、ホームページも持っていな…

恐るべし“日本人” ◆ 「完全版 明治神宮 不思議の森」

明治神宮の森を特集したNHKの番組です。 私は全く知らなかったのですが、なんと明治神宮の森は100年前に荒れ地(※上の画像)に人工的に作ったそうです。 植林の後は人の手を加えずに、150年後、自然に樹木の世代交代ができるよう針葉樹と広葉樹のバランスを…

非常にアカデミックな切り口です ◆ 「大麻 悪魔のハーブ」

イギリスのドキュメンタリー番組。 植物がどうして“THC”を自らに蓄えるようになったか? どうして哺乳類に影響を及ぼすのか? 若年からの摂取は大人になってからの摂取とカラダへの影響が違うのか? 製薬会社は大麻をどうみているのか?どう扱っているのか?…

騙しあい ◆ 「映像の世紀プレミアム 第9集『独裁者 3人の“狂気”』」

今回は、ムッソリーニ、ヒトラー、スターリンと、20世紀を代表する独裁者にスポットが当てられています。 ヒトラーはムッソリーニのことを“1000年に一人のカリスマ”だと賞賛し憧れていました。 ところが、ムッソリーニはヒトラーのことを“学のない道化”だと…

もはや引き返せない状態・・・ ◆ 「ライバルたちが時代を作る 第6話 ダイアナ妃VSエリザベス女王」

「ライバルたちが時代を作る」シリーズ最終話。 今回はどうなのでしょう? 内容は面白かったのですが、“ライバル”とは違うような・・・。 ダイアナ妃とエリザベス女王の確執が描かれています。 当時、日本で報道されていたよりも、イギリスやアメリカでは衝…

最後はちょっといい話 ◆ 「ライバルたちが時代を作る 第5話 ヴィスコンティVSフェリーニ

「ライバルたちが時代を作る」 第5話は、映画監督対決です。 貴族の出で、どこまでも“リアリティ”にこだわるヴィスコンティ。 決して裕福ではない環境で育ち、「映像の魔術師」と呼ばれるほど、架空の世界を表現するフェリーニ。 正反対のアプローチにも関わ…

頭の切れと行動力そして、勇気 ◆ 「迫害に立ち向かったユダヤ人教師」

「ヒトラーが急速に反ユダヤ政策を進めるなか、子どもたちに生き残るための教育を提供し続けたユダヤ人女性教師がいた。ナチス政権下で奇跡的にユダヤ人のための学校を設立し、子どもを救うために奔走したレオノラ・ゴールドシュミットの物語・・・」NHK BS…

完璧です ◆ 「映像の世紀 映像の世紀プレミアム 第7集『極限への挑戦者たち』」

東京オリンピックの男子マラソンで3位に入賞し、その後自ら命を絶った円谷幸吉 人類で初めて宇宙に飛び立ったソビエトのユーリ・ガガーリン アポロ計画のニール・アームストロング エベレスト初登頂を目指し、散った登山家ジョージ・マロリー ベルリンオリン…

やっぱり欠落が天才への条件 ◆ 「ライバルたちが時代を作る 第4話 シャネルVSスキャパレリ」

私は知りませんでしたが、スキャパレリという女性デザイナーは、シャネルをしのぐ人気があったそうな。 問題のある家庭に育ち、洋服は職人が作るものという考えで、時間のある限り改良に改良を重ねたというシャネル。 貴族の出で、芸術表現として洋服をとら…

これぞライバル ◆ 「ライバルたちが時代を作る 第3話 マリア・カラスVSレナータ・テバルディ」

「ライバルたちが時代を作るシリーズ」第三弾。 今回はオペラで切磋琢磨した歌姫ふたり。 ひとりは“マリア・カラス”。気性の激しい性格で、癖のある歌声。「歌も唄う表現者」だと自らを定義する人物。 もう一人は“レナータ・テバルディ”。誰からも好かれる人…

これまた定番 ◆ 「ライバルたちが時代を作る 第2話 キング牧師VSマルコムX」

「スティーブ・ジョブズVSビル・ゲイツ」に続き、これまた定番「キング牧師VSマルコムX」が今回のお話。 非暴力のキングと、力でわからせるというマルコム。これほど明確な対比も他にないのではと思わせるぐらいコントラストが鮮明です。 前回同様、2人と直…

“欠落が天才を生む” ◆ 「ライバルたちが時代を作る 第1話 スティーブ・ジョブズVSビル・ゲイツ」

“ヒッピーで独裁者のジョブズ”と“オタクで計算高いゲイツ”。 関係者が二人について、遠慮のない正直な気持ちを語っています。 この二人を扱ったドキュメンタリーは多々ありますが、ジョブスよりだったり、神様のように持ち上げたりで、一面的な構成のものが…

猫好きのかたは観てください ◆ 「密着!ネコたちの1週間」

「ネコは飼い主の目の届かないところで、どんな生活を送っているのか?」その疑問に答えるべく、50匹の飼い猫にGPSやカメラを付けて、徹底的に調査しましたって内容。 たぶん、ナショジオかディスカバリーかアニマルチャンネルあたりの番組かと思います。 な…

人心掌握はお家芸 ◆ 「映像の世紀プレミアム 第8集『アメリカ 自由の国の秘密と嘘』」

「超大国アメリカの理想の裏側を描く。秘密ファイルによって大統領たちに恐れられた初代FBI長官フーバー、フェイクニュースによって戦争をあおった新聞王ハースト、今なお陰謀論がささやかれるケネディ暗殺、テレビ報道によって隠された戦場の実態が明ら…

1歩でも半歩でも、1センチでも1ミリでも・・・ ◆ 「プロフェッショナル 仕事の流儀 恐竜学者 小林快次の仕事 若き化石ハンター 太古の謎に挑む」

学者仲間から“ファルコンズ・アイ(ハヤブサの目)”と呼ばれるほど、人が見つけられない骨を発見する能力を有する恐竜学者小林快次さん。 小学校のとき、授業で化石掘りをして、自分だけ見つけられなかったことや、アメリカの大学で「価値なし」と教授に判断…