観なきゃよかった・・・残念な作品

残酷なシーンが目白押し ◆ 「ファイナル・デッドブリッジ」

「決して逃れることのできない死の運命に取り付かれた若者たちの恐怖を、衝撃的なシーンをふんだんに盛り込みながら描く大ヒットシリーズの第5弾」てことらしいです。 以前、このシリーズを観た記憶があります。 そのときは楽しめたような・・・。 歳のせい…

観なくていい映画 ◆ 「グリーン・インフェルノ」

学生の自然保護活動グループが、ジャングルで“食人族”に襲われるってお話。 エンディングで一人助かった女性が、殺されかけたにも関わらず、その部族を助けるためにウソの証言をします。ちょっと社会的なメッセージをぶっこんできたのはわかるのですが、「こ…

非常に残念な作品 ◆ 「ウォールフラワー」

中学時代は学校になじめず、精神を患ったことのある主人公。彼と友情をはぐくむことになった“ゲイの同級生”、“ゲイ学生と腹違いの兄弟”の女の子。この3人、三角関係になるんですね~。ややこしい(笑) 設定は、面白さをヒシヒシと感じたのですが・・・。 思い…

最近のアメコミ映画にしては・・・ ◆ 「グリーン・ランタン」

ヒーローものです。 最近のアメコミ映画は面白いものが多いですが、これはいかがなものでしょう・・・。 宇宙平和ため組織されたチームに、メンバーとして初めて“選ばれた地球人”が主人公。 良く言えば「非常に分かりやすい展開で、まさにアメコミ!」、悪く…

THE駄作 ◆ 「トロピック・サンダー史上最低の作戦」

ベン・スティラー監督・主演のコメディ。 私はベン・スティラー主演の映画は好きなほうなのですが、「ズーランダー」とこの作品はいただけません。開始20分で消しました(笑)。 それでは・・・・。 2008年 アメリカ 日本語吹替えあり

「つぐない」

自分の恋が叶わないと知るや、ウソの供述によってその片思いの男性を犯罪者にしてしまった少女のお話。 大人になり、自分の行ったことの重大さを痛感し苦しみます。 設定と導入はすごく期待をもたせるのですが、中盤から後半はだらだらと退屈です。 それでは…

「ゴーストライダー2」

父の命を助けるために、悪魔と契約した男の物語。 う~ん、まったく面白くないです(笑)。 燃えるスカルってキャラクターデザインもあまりカッコよくないですし・・・。 それでは・・・・。 2011年 アメリカ 日本語吹替えあり

「はじまりのみち」

「『二十四の瞳』などさまざまな傑作を世に送り出し、日本映画の黄金期を築いた木下恵介監督の生誕100年記念作。戦時中、同監督が病気の母を疎開させるためリヤカーに乗せて山越えしたという実話を軸に、戦争という時代の荒波に巻き込まれながらも互いを思い…

「ハイ・ライズ」

階級別に住居フロアを区切られたタワーマンションが舞台。 低所得者層とブルジョワ階級の軋轢はまさに社会そのもの。 マンションの中にはすべてそろっていましたが、住人間の溝が拡大するにしたがって機能不全。そして荒廃。暴力とSEXが支配する人間のダーク…

「野火」(2014)

太平洋戦争末期、日本の敗戦濃厚なフィリピン・レイテ島が舞台。 過酷な環境と飢えで、誰もが人間性を失ってしまいます。信頼なんてものはなりたっていませんし、それどころか襲われて喰われるかもしれないような状況。暗くて重たい人間関係が描かれています…

「ミスター・ロンリー」

マイケル・ジャクソンになりきっている青年が、パリでなんちゃってマリリン・モンローと出会います。そして、彼女の誘いでモノマネを生業としている芸人さんたちの共同生活村へ。 設定はめちゃくちゃ面白そうなのですが・・・。 う~ん、ちょっとシュールな…

「ドラゴン怒りの鉄拳」

ご存じブルース・リーの不朽の名作。 日本が幅を利かせていたころの上海が舞台。師匠を殺された復習を、リー演ずる主人公がはたすっていう展開。もちろん悪役は日本人。 幼少のころ「かっこいいな~」とものすごく感動した記憶があったのですが、時間が経つ…

「イット・フォローズ」

「各国の映画祭で高い評価を獲得し、クエンティン・タランティーノも絶賛の声を寄せたホラー」ってこれまた派手なうたい文句ですが、まったくわけがわかりません。 4分の1で鑑賞中止。時間を返してほしい気分です(笑)。 それでは・・・・。 2014年 アメリカ …

「G.I.ジョー」

ハイテク装備を使った、正義と悪の軍団対決です。 え~と、ぜんぜん面白くありません(笑)。 それでは・・・・。 2009年 アメリカ 日本語吹替えあり

「沈黙のアフガン」

いやいや~これは酷い。「沈黙の・・・」って邦題をつけていますが、スティーヴン・セガールが主演でもないですし・・・。 今まで、このシリーズはそこそこ楽しめただけに、これで評価ガタ落ちです。 たぶん今後も"このやり口"でくるでしょうしね~。 残念で…

「名もなき塀の中の王」

いや~これは酷い。何を描きたいのか、伝えたいのか、さっぱりわかりません。 邦題もいかがなもんでしょう?まったく内容に即していませんし。 荒くれの父親と、これまた父親に輪をかけたように無茶苦茶な19歳の少年が刑務所で再開。いがみ合って、すったも…

「神様はバリにいる」

「ハウツー本『出稼げば大富豪』をベースに、バリ島に暮らす日本人大富豪が独自の人生哲学で周囲の人々の人生を変えていくさまを描いた人情コメディー」とうことらしいです。 笑いをベースにしているのですが、自己啓発色が強く、なんとなく自然さがないとい…

「ズーランダー」

ちょっとおバカな超売れっ子のスーパーモデルのお話。 監督・主演はベン・スティラー。 彼のコメディは私の好みなのですが、この作品はいかがなものでしょう・・・? ちょっと期待外れでした。残念。 それでは・・・・。 2001年 アメリカ 日本語吹替えあり //

「サスペクツ・ダイアリー すり替えられた記憶」

「父親から虐待を受けた体験記で有名になった作家の青年が、ある事件をきっかけに自分の過去を見つめ直す姿を描いた人間ドラマ」 てことですが、何が言いたいのかよくわからない作品でした。 役者陣、タイトルに惹かれたのですが・・・。 残念。 それでは・…

「アザーマン -もう一人の男-」

ガンで妻を失った男性が、妻のパソコンから浮気していたこと知り、嫉妬心に火がつきます。 とま~設定はどうってことないのですが、何せ心理描写がいただけません。まったく共感できませんでした。 「96時間」シリーズでおなじみのリーアム・ニーソンが残さ…

「ウィンターストーム 雪山の悪夢」

雪山で遭難した父と息子2人のお話です。 ところが、この父親っていうのがとんだ“サイコ野郎”で、無事帰ったら、子供に二度と会えなくなると思い山小屋に定住しようとするのです(※離婚していて親権は妻に)。 子供にとってはたまったもんじゃありません(笑)…