観なきゃよかった・・・残念な作品

大作の続編 ◆ 「ブレードランナー 2049」

名作と言われる映画の続編だけに、チェックしなければという感じで鑑賞。 ブレードランナー ファイナル・カット【Blu-ray】 [ ハリソン・フォード ] 何なんでしょう? エンターテイメント性にかけるというか・・・、全体に“のっぺり”した感じでエンディング…

美談を盛り込みすぎです(笑) ◆ 「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」

49歳で夢を掴もうとする、エリートビジネスマンと、肘を壊したため、夢を諦めた元高校球児。 設定はかなり興味深いものがありました。 が、美談を盛り込みすぎです(笑)。 詰込み過ぎて、全体に安っぽく仕上がっているというか・・・、結局何が言いたいのか焦…

何かありそうで、結局何もないっていうパターン ◆ 「お父さんと伊藤さん」

「心のおもむくままに過ごす30代の女性と20歳上の恋人、彼女の父親の共同生活を、上野樹里、リリー・フランキー、藤竜也らの共演でユーモラスに描くドラマ。書店でアルバイトをする女性と給食センターでアルバイトをする男性が暮らすボロアパートに、息子の…

「12モンキーズ」「FIGHT CLUB」を彷彿 ◆ 「カリフォルニア」

ブラッド・ピットが殺人鬼役です。 「12モンキーズ」や「FIGHT CLUB」を彷彿とさせるキャラ設定。 しかしですね、この2作には足元にも及ばない平凡な作品でした。深みを出そうとしている製作者側の努力はわかるのですが、う~んつまらん(笑)。 それでは・・…

期待させる雰囲気 ◆ 「ハンナ」

主人公の女の子は国家プロジェクトで創られた「遺伝子操作による戦いのマシーン」。彼女をひとりの諜報部員が連れ去ります。 ま~、ありがちな設定ですが、それはよしとして・・・。 期待させる雰囲気です。なので最後まで観ました。 が、まったく深みがない…

雰囲気はものすごくおしゃれです ◆ 「聖杯たちの騎士」

「気鋭の脚本家として注目を浴びるリック(クリスチャン・ベイル)は、ハリウッド映画の脚本執筆を引き受けたことから華やかな生活に溺れ、自分を見失っていく。その一方で、心の奥底にあるむなしさを払拭(ふっしょく)できず、自分が進むべき道を求めてさ…

う~ん、まさに正統派! ◆ 「ワンダーウーマン」

最近のアメコミ・ヒーローものは、完全無欠の主人公ではなく、ちょっと人間くさい“おバカ”な要素を入れるのが流行ですが、これは違います。 まさに“勧善懲悪”。人間のダークな面をあげつらう「悪」と、人間の愛を大事にする「正義」がぶつかるという、極めて…

時間を無駄にしたくない人は・・・ ◆ 「リヴォルト」

宇宙からの侵略ものです。 この手の映画によくありますが、ま~酷い。 ほんとに観なきゃよかったです(笑) 今年、鑑賞したの作品ワースト3には入るかと・・・。 それでは・・・・。 2017年 南アフリカ / イギリス 日本語吹替あり

「何かありそう~」 ◆ 「リービング・ラスベガス」

1995年の作品。 主演はニコラス・ケイジ。 家族を失ったショックからアルコールに溺れる男性と、娼婦の恋の物語です。 設定からして「何かありそう~」な感じですが、結果、何もありません。非常につまらない作品です。 時間の無駄でした(笑)。 それでは・・…

あれっ!? ◆ 「15時17分、パリ行き」

役者兼監督としては、珍しく大活躍のクリント・イーストウッドさん。 この人がメガホンを取る映画は、なかなか粒ぞろい。私は大好きです。 ほんでもってこの作品、映画サイトのレヴューも上々。これは観るしかないって感じで借りました。 ところがですね~・…

“怖いもの見たさ“で最後までみましたけど・・・ ◆ 「ライジング・ドラゴン」

「頼むわジャッキ~」と言いたくなるような、ジャッキー・チェンが監督・製作・脚本・主演の作品。 「インディジョーンズ」と「ミッションインポッシブル」と「吉本新喜劇」と足して3で割ったような展開です。 ストーリー、セリフ、セット、どれをとってもク…

台湾で驚異のヒットを記録した作品 ◆ 「天空のからの招待状」

台湾で驚異のヒットを記録した作品らしいです。 美しい台湾の自然を全編空撮。 BGVにはもってこいだと思います。 ただナレーションもないので(※後半に入るようです)飽きますね。 私は1/4で断念しました。 台湾の人はこれを映画館で観たのかと思うと・・・…

「えっ終わり!?」 ◆ 「セインツ-約束の果て-」

全体の雰囲気はいいです。 ただ、展開が単調でまどろっこしい。じわ~と期待させておきながら「えっ終わり!?」って感じです(笑)。 非常に残念な作品でした。 それでは・・・・。 2013年 アメリカ 日本語吹替あり

“思い出”は“思い出”のままで ◆ 「エルム街の悪夢(2010)」

1984年に公開された「エルム街の悪夢」のリメイク版。 懐かしさも手伝って観てみました。 もちろん映像技術は格段に上がっているのですが、う~ん、どうでしょう。 初めて観る方は楽しめるかもです。私は半分で断念しましたが・・・。 “思い出”は“思い出”の…

後味は最悪です ◆ 「ブリングリング」

高校生がセレブの家に忍びこんで、窃盗を働くという展開。 実際にあった事件らしいです。 もちろん最後は捕まります。 ところが、平気で友達を陥れたり、自分を被害者だとのたまったり、偽善者丸出しの言葉を並べたり・・・、ま~性根が腐っているとは、こい…

珍しいこともあるもんだ ◆ 「フリーランサー NY捜査線」

“ロバート・デ・ニーロ”、言わずと知れた重鎮。 私のお気に入りの俳優さんです。 これは、すごいことだと思うのですが、彼の出ている映画で大ハズシに、お目にかかったことがありません。 作品を選んでいるのだな~と思わせるめったにいない役者さんです。 …

超退屈 ◆ 「フィフティ・シェイズ・ダーカー」

アブノーマルなセックスにスポットを当てた恋愛モノ。 おしゃれな映像なのですが、展開が極めてまどろっこしく、超退屈。 半分で観るの止めました。 映画サイトの評価は高いので、見る人が見れば面白いかもしれませんが(笑)。 それでは・・・・。 2016年 ア…

興行的にも失敗だったとか・・・ ◆ 「マチェーテ・キルズ」

前作「マチェーテ」のマンガ的な展開と豪華俳優陣のミスマッチが面白かったので、当然2作目も視聴。 今回も、1作目に負けず劣らずのビックネームが登場。メル・ギブソンにチャーリー・シーン、アントニオ・バンデラスなんとレディー・ガガまで・・・。 とこ…

面白そうなのに面白くない(笑) ◆ 「フリー・ファイヤー」

武器取引のため2組のグループが、人気のない倉庫に集まります。その中で、ちょっとしたいざこざが発生。収束に向かうかにみえましたが、だんだん騒ぎが大きくなり、最後には銃撃戦に・・・。疑心暗鬼で、もはや誰が味方かわからなくなります。 と、ここまで…

新しいっちゃ~新しい・・・ ◆ 「ハードコア」

死にかけの兵士を、テクノロジーを駆使して再生。ま~アンドロイドみたいなものですね。 全編、“ゲームのプレイヤー目線”。新鮮でした、はじめは。 ただ、ストーリーの加減かもしれませんが、飽きました(笑)。 半分過ぎたところで、ギブアップ。 映画サイト…

恐るべし“動物映画” ◆ 「氷の上のふたり」

母親と離れ離れになったシロクマの子供を、少年が助けるというお話。 いい話なんですが・・・。 予定調和すぎるというか、ベタすぎるというか・・・。子熊の可愛さだけが見どころです。 それでも映画サイトのレビューはそこそこいいので、恐るべし“動物映画”…

看板に偽りあり ◆ 「ダイバージェントFINAL」

この作品が3作目。 邦題では「FINAL」ですが、明らかに続編がある終わり方です。 1作目が面白かったので観ています。しかし、だんだん尻すぼみ。 もういいかな~と思っています(笑)。 laozi.hatenablog.com それでは・・・・。 2016年 アメリカ 日本語吹替あ…

観る必要のない映画 ◆ 「パシフィック・ウォー」

太平洋戦争末期、秘密裏に原爆を輸送した巡洋艦インディアナポリスのお話。 主役はニコラス・ケイジ。 「戦争の悲惨さ」「若者の葛藤」「敵味方を超えた共感」「漂流の恐ろしさ」「組織を守るための犠牲」「リーダーの資格」etc...。 盛り込みすぎです。 何…

また騙された! ◆ 「マローダーズ 襲撃者」

またブルース・ウィリスの名前に騙されました。もう何回目でしょう。 ダメだと思いながらついつい借りてしまうんですよね~(笑)。 彼が主演した作品で面白かったのは、いつが最後でしょう・・・? あまりにも、“いいイメージ”があるので・・・、何度も騙され…

時間を無駄にしたくない人は・・・ ◆ 「ウェズリー・スナイプス シールド・フォース -監獄要塞-」

“ウェズリー・スナイプス”、私が比較的好きな俳優さんです。 「ブレイド」の頃はいい味だしてました。 でも、今や顔に精悍さもなく、人は年齢に勝てないのだな~と・・・。 まぁ、彼のルックスは置いといて、この映画・・・、酷い、かなり酷いです。 ウェズ…

退屈 ◆ 「FAKE ディレクターズ・カット版」

2014年のゴーストライター騒動で話題になった佐村河内守を追ったドキュメンタリー。 映画サイトのレヴューもすこぶるいいのですが・・・。 佐村河内守さんに対する森達也監督のインタビューも・・・、いかがなものでしょうって感じで、私には、退屈この上な…

惜しい~ ◆ 「ザ・クルー」

強盗を生業とするグループが、仲間のちょっとしたミスから麻薬を扱うギャングから脅される羽目に。 当然、家族の命も狙われます。 スピーディな展開で目が離せません。が、終わってみると「え~っ」て感じで尻すぼみ(笑)。 残念な作品でした。 それでは・・…

“ありきたり” ◆ 「パパが遺した物語」

交通事故で母を失った娘と、残された父親との愛情物語。 いい話だとは思うのですが・・・。う~ん、極めて“ありきたり”。感動にはいたりませんでした。 映画サイトのレビューはいいので、気になる方はどうぞ(笑)。 それでは・・・・ 2015年 アメリカ / イタ…

観なくてもいいのでは・・・ ◆ 「ネオン・デーモン」

田舎から都会に出てきて、モデルとして一旗揚げる女の子のお話。 嫉妬と愛憎渦巻く世界をおしゃれに、そしてシュールに描いています。が、如何せん全く面白くなかったです私には。 1/3で止めました。 それでは・・・・。 2016年 フランス・デンマーク・スウ…

ザ・陳腐(笑) ◆ 「傭兵奪還」

「最愛の娘を事件に巻き込んだ巨大な犯罪組織に対し、なりふり構わない型破りな行動で立ち向かう傭兵(ようへい)の活躍を描くアクション。娘だとされる遺体に疑問を抱いた父親が娘の奪還に挑む中で、事件の裏に潜む巨大企業の存在と社長の裏の顔を探ってい…