観なきゃよかった・・・残念な作品

ファミリー向け映画 ◆ 「ファンタスティックMr.FOX」

タイトルでおわかりの通り、キツネ一家の物語。 人形を使った映像は、とても味わい深く、いい雰囲気を醸し出しています。 お子様と観るには最適だと思いますが、おっさんが一人で鑑賞する映画ではないことは確かです(笑)。 それでは・・・・。 2009年 アメリ…

ビッグネームには釣られます・・・ ◆ 「フェンス」

1950年代のピッツバーグ。黒人家族のお話。 第89回アカデミー賞で作品賞を含む4部門にノミネートってことで、かなり期待して観たのですが・・・。 感情移入できなかったですね~。 何か訴えかけるような雰囲気は醸し出しています。 が、しかし「それで?」と…

またブルース・ウィリスに騙された ◆ 「レッド・ダイヤモンド」

いや~、またブルース・ウィリスに騙されました。最近、彼の出ている作品はハズレばっかり。これもひどい。 最後の荒稼ぎ目的なのでしょうね・・・。 それでは・・・・。 2016年 アメリカ 日本語吹替えあり

名作が駄作に・・・ ◆ ドラマ「12モンキーズ Vol.1」

「12モンキーズ」この映画は私の中で10本の指に入るお気に入りです。 ですが、このドラマ「12モンキーズ」はいただけません。 オリジナルの重厚感や世界観が消滅し、非常に陳腐な作品に成下がっています。 ゲオで1巻目が無料だったので、チェックしてみまし…

期待ハズレな作品 ◆ 「奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ」

ロクデナシのクラスが教師の指導によって激変!生徒一人一人が立派に成長していくってお話。実話ベースらしいです。 いろんなサイトのレビューもよかったのですが、展開が陳腐。全然、感動できませんでした。期待値が高すぎたのかもしれません(笑)。 学園も…

意味不明の欧州映画 ◆ 「イレブン・ミニッツ」

「大都会に暮らすわけありの11人の人々と1匹の犬が織り成す、午後5時から5時11分までのそれぞれのドラマを交錯させて描く・・」ってことらしいです。 「じっくり理解しながら観よう」と思わせる雰囲気もなかったので、3分の1で観るの止めた次第です。 まった…

雰囲気がいいのに残念なスパイ映画 ◆ 「デュプリシティ ~スパイは、スパイに嘘をつく~」

元CIAと元MI6という恋人同士。2人共産業スパイとして雇われています。 お察しの通り、化かし合いで話が進んでいきます。ほんでもって随所で過去に戻るって展開。 カメラ割も70年代のスパイ映画を彷彿とさせるような味わい深い仕上がりで、キャストも申し分あ…

こりゃ酷い! ◆ 「マックス・スティール」

驚異的のパワーを父から受け継いだ青年が、宇宙からの生命体とリンクして変身します。 キャラクターデザインがかっこよかったので、観てみましたが大失敗。 半分で止めました。人生、時間が大事なので(笑)。 今年鑑賞したDVDワースト5は確実です。 それでは…

CIAが大統領暗殺 ◆ 「コードネームBT85 大統領暗殺を阻止せよ!」

大統領の出す法案に納得がいかないCIAが“大統領暗殺”を企てます。それを阻止するのが元CIAエージェント。このヒーロー、よくみる“細マッチョ”ではなく“ゴリマッチョ”(笑)。 それはどうでもいいのですが、助けを求めるのに「オズワルドは犯人ではない・・・」…

面白くない映画 ◆ 「ディスクローズ 葬られた秘密」

牧場で暮らす父と息子の物語。 前半の展開は雰囲気もよく、すごく期待させます。 が、まったく面白くないです(笑)。 それでは・・・・。 2015年 アメリカ 日本語吹替えあり

やはりいい映画は少ないですね ◆ 「消されたスキャンダル」

ひとつの街で繰り広げられる人間模様のお話。 3~4組の男女のストーリーが最終的につながるって手法で、いい雰囲気を醸し出しています。 ただ全く面白くないです(笑)。 オリジナルの“100 STREETS”は内容に即していますが、邦題は意味不明。 残念な作品でした…

芸術的ではあるものの・・・◆ 「サイレント・アイランド 閉じ込められた秘密」

離れ小島の寂れゆく町が舞台。 “牧師さん”・“昔、島に漂流してきたところをその牧師さんに助けられ、その後彼の妻になった女性”・“更生のために教会にあずけられた青年”、この3人の三角関係と心理描写が描かれています。 邦題に惹かれて、観ましたが・・・。…

箸にも棒にもかからない映画 ◆ 「新しいワタシの見つけ方」

女子高生が馬の世話を通じて、人間同士の絆や動物への愛情など“本当に大事なもの”に気付いていくってストーリー。 いい話なんですよ。嫌味な感じもぜんぜんないし。 ただ、まったく面白くない。“箸にも棒にもかからない”とはまさにこの映画のための言葉です…

2017年3本の指に入る駄作 ◆ 「Xibalba シバルバ/エイリアン・オブ・マヤ」

古代マヤ文明をベースにした、エイリアンのお話。 設定や導入部分は非常に期待を持たせるのですが・・・。 展開はお粗末で、最後にメッセージ的なものまでぶっこんでいます。「いい映画やろ?」って感じで目もあてられません。ひどい。 まいったまいった(笑)…

観てはならない映画 ◆ 「ビヨンド・ワルキューレ カリーニングラードの戦い」

ドイツの敗戦が色濃くなってきた第二次世界大戦末期、帝国再興のために、財宝を南米アルゼンチンにUボートを使って輸送する計画を、アメリカ、イギリス、ソ連が嗅ぎつけます。 設定はめちゃくちゃ面白そうなのですが・・・。 きわめて単調。最後まで盛り上が…

残酷なシーンが目白押し ◆ 「ファイナル・デッドブリッジ」

「決して逃れることのできない死の運命に取り付かれた若者たちの恐怖を、衝撃的なシーンをふんだんに盛り込みながら描く大ヒットシリーズの第5弾」てことらしいです。 以前、このシリーズを観た記憶があります。 そのときは楽しめたような・・・。 歳のせい…

観なくていい映画 ◆ 「グリーン・インフェルノ」

学生の自然保護活動グループが、ジャングルで“食人族”に襲われるってお話。 エンディングで一人助かった女性が、殺されかけたにも関わらず、その部族を助けるためにウソの証言をします。ちょっと社会的なメッセージをぶっこんできたのはわかるのですが、「こ…

非常に残念な作品 ◆ 「ウォールフラワー」

中学時代は学校になじめず、精神を患ったことのある主人公。彼と友情をはぐくむことになった“ゲイの同級生”、“ゲイ学生と腹違いの兄弟”の女の子。この3人、三角関係になるんですね~。ややこしい(笑) 設定は、面白さをヒシヒシと感じたのですが・・・。 思い…

最近のアメコミ映画にしては・・・ ◆ 「グリーン・ランタン」

ヒーローものです。 最近のアメコミ映画は面白いものが多いですが、これはいかがなものでしょう・・・。 宇宙平和ため組織されたチームに、メンバーとして初めて“選ばれた地球人”が主人公。 良く言えば「非常に分かりやすい展開で、まさにアメコミ!」、悪く…

THE駄作 ◆ 「トロピック・サンダー史上最低の作戦」

ベン・スティラー監督・主演のコメディ。 私はベン・スティラー主演の映画は好きなほうなのですが、「ズーランダー」とこの作品はいただけません。開始20分で消しました(笑)。 それでは・・・・。 2008年 アメリカ 日本語吹替えあり

「つぐない」

自分の恋が叶わないと知るや、ウソの供述によってその片思いの男性を犯罪者にしてしまった少女のお話。 大人になり、自分の行ったことの重大さを痛感し苦しみます。 設定と導入はすごく期待をもたせるのですが、中盤から後半はだらだらと退屈です。 それでは…

「ゴーストライダー2」

父の命を助けるために、悪魔と契約した男の物語。 う~ん、まったく面白くないです(笑)。 燃えるスカルってキャラクターデザインもあまりカッコよくないですし・・・。 それでは・・・・。 2011年 アメリカ 日本語吹替えあり

「はじまりのみち」

「『二十四の瞳』などさまざまな傑作を世に送り出し、日本映画の黄金期を築いた木下恵介監督の生誕100年記念作。戦時中、同監督が病気の母を疎開させるためリヤカーに乗せて山越えしたという実話を軸に、戦争という時代の荒波に巻き込まれながらも互いを思い…

「ハイ・ライズ」

階級別に住居フロアを区切られたタワーマンションが舞台。 低所得者層とブルジョワ階級の軋轢はまさに社会そのもの。 マンションの中にはすべてそろっていましたが、住人間の溝が拡大するにしたがって機能不全。そして荒廃。暴力とSEXが支配する人間のダーク…

「野火」(2014)

太平洋戦争末期、日本の敗戦濃厚なフィリピン・レイテ島が舞台。 過酷な環境と飢えで、誰もが人間性を失ってしまいます。信頼なんてものはなりたっていませんし、それどころか襲われて喰われるかもしれないような状況。暗くて重たい人間関係が描かれています…

「ミスター・ロンリー」

マイケル・ジャクソンになりきっている青年が、パリでなんちゃってマリリン・モンローと出会います。そして、彼女の誘いでモノマネを生業としている芸人さんたちの共同生活村へ。 設定はめちゃくちゃ面白そうなのですが・・・。 う~ん、ちょっとシュールな…

「ドラゴン怒りの鉄拳」

ご存じブルース・リーの不朽の名作。 日本が幅を利かせていたころの上海が舞台。師匠を殺された復習を、リー演ずる主人公がはたすっていう展開。もちろん悪役は日本人。 幼少のころ「かっこいいな~」とものすごく感動した記憶があったのですが、時間が経つ…

「イット・フォローズ」

「各国の映画祭で高い評価を獲得し、クエンティン・タランティーノも絶賛の声を寄せたホラー」ってこれまた派手なうたい文句ですが、まったくわけがわかりません。 4分の1で鑑賞中止。時間を返してほしい気分です(笑)。 それでは・・・・。 2014年 アメリカ …

「G.I.ジョー」

ハイテク装備を使った、正義と悪の軍団対決です。 え~と、ぜんぜん面白くありません(笑)。 それでは・・・・。 2009年 アメリカ 日本語吹替えあり

「沈黙のアフガン」

いやいや~これは酷い。「沈黙の・・・」って邦題をつけていますが、スティーヴン・セガールが主演でもないですし・・・。 今まで、このシリーズはそこそこ楽しめただけに、これで評価ガタ落ちです。 たぶん今後も"このやり口"でくるでしょうしね~。 残念で…