最近観た「まぁまぁ」な映画・ドラマの感想・・・

癒されます ◆ 「僕のワンダフル・ライフ」

犬の心の声がナレーション。 この犬、何度も何度も犬に生まれ変わります。その度に新しいご主人様のもとで、“生きる意味”について考えるってお話。 軽いタッチで描かれていますが、深いテーマを扱っています。昨日、紹介した上から目線の「アメイジング・ジ…

マーベル作品のなかでも・・・ ◆ 「マイティ・ソー バトルロイヤル」

今までの「マイティ・ソー」シリーズに比べると、かなり“おちゃらけ”テイストです。同じくマーベルコミックの laozi.hatenablog.com 風と言えばわかっていただけるでしょうか? おちゃらけとはいえ、どうしようもない“ボケたおし”の映画とは違います。いい塩…

2017年 第89回アカデミー賞3部門ノミネート ◆ 「ドリーム」

舞台はアメリカとソ連が熾烈な宇宙開発競争を繰り広げている1961年。まだまだ、人種や女性差別が色濃い時代です。 そんなご時世に、社会の偏見と圧力に屈せず活躍した“黒人女性”が主人公。 黒人や女性の活躍に眉をひそめる人間も、最後はきっちり実力を認め…

女性の狂気な部分があらわに・・・ ◆ 「セリーナ 炎の女」

「世界にひとつのプレイブック」のジェニファー・ローレンスとブラッドリー・クーパーが再び共演。一瞬で恋に落ちる男女を演じています。 はじめは、何もかも順調な二人ですが、だんだんと女性の狂気な部分があらわに・・・。愛する人の周りの人間を排除して…

“なんか、みんなと馴染めない” ◆ 「スウィート17モンスター」

幼少のころから「なんか、みんなと馴染めない」と感じている17歳の少女の物語。 母や、学校で人気者の兄とは反りが合いません。家族で唯一、仲の良かった父は、病気で他界。 たった一人しかいなかった友達も、なんと大嫌いな兄と付き合うことになり絶交。 と…

なかなか怖いお話・・・ ◆ 「ダブル/フェイス」

毎度のように書いていますが、近年のニコラスケイジとブルースウイルス出演作品は本当に酷いです(笑)。 しかし、この作品は観るに堪えます。 思い込みの激しい“代理母”のお話。なかなか怖かったです。 そこそこおススメ。 それでは・・・・。 2017年 カナダ…

“あの男、完全復活” ◆ 「バッド・ウェイヴ」

何度も、このブログで書いていますが、近年の“ブルース・ウィリス”と“ニコラス・ケイジ”の作品はホントに酷い。 最近は、「怖いもの見たさ」で二人の作品をチェックしています。 ただ、この作品は鑑賞に堪えます。ハードルを下げ過ぎたからかもしれませんが…

ロシア映画「やるやん!」 ◆ 「ラスト・ウォリアー 最強騎馬民族スキタイを継ぐ者」

なかなかカッコいい映画でした。 王様と王に忠誠を誓う武人。王国の領土に居ながら、国に従わない民族・・・。それぞれの思惑が交錯しながら物語が進んでいきます。 残念な作品に多い「最後がな~」って感じではなく、「なるほどね」っていうエンディング。 …

ファッションデザイナー監督作品 ◆ 「ノクターナル・アニマルズ/夜の獣たち」

劇中で劇が進行する構造。 映像が美しく、雰囲気もおしゃれ。ものすごく引き込まれました。 さすが、トム・フォード監督(シングルマンもこの監督です)。 【2018年12月05日発売】 NBCユニバーサル ノクターナル・アニマルズ/夜...価格:1371円(税込、送料…

男女逆転 ◆ 「68キル」

超バイオレンスな女と自分の意見も言えない気弱な男のカップル。感情的になった男を、女のほうがなだめて機嫌をとるような関係なので、よくドラマや映画で描かれているような男女の役割が逆転したような二人って言えばいいのでしょうか・・・。 クレイジーな…

よくできた娯楽映画 ◆ 「キングスマン:ゴールデン・サークル」

laozi.hatenablog.com の第二弾です。 今回はアメリカの独立系諜報組織(キングスマンはイギリス)と協力して悪をやっつけます。 全作同様、映像はかなり凝っています。ストーリーもシンプル。集中して観なくても見失いません(笑)。 よくできた娯楽映画だと…

いつのまにかおかしな方向へ・・・ ◆ 「ラフ・ナイト 史上最悪! の独身さよならパーティー」

女性版「ハングオーバー!」ですね。 結婚前に友達と一緒にはめを外すってやつです(日本では馴染みがありませんが)。 楽しい集いのはずが、トラブル発生。何とか、解決しようと、考えれば考えるほど、いつのまにかおかしな方向へ・・・。そして、それに誰も…

よく練られた展開 ◆ 「暗殺者たちの流儀」

「刑務所から釈放されたヒットマンのルレクは、検事から1件の暗殺を持ち掛けられる。初老を迎え暗殺者としての能力が衰え始めた彼は、ワスコという若いスナイパーを雇う」キネマ旬報社 ってことで、設定はかなりいい感じです。 あまり馴染みのない“ポーラン…

今作が一番! ◆ 「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」

スター・ウォーズシリーズはさら~と観たことがある程度ですが、私は今作が一番好きですね。 分かりやすくてよいです。 まだまだ続きますよ~って感じのエンディングは、商魂たくましいな~って感じですけど(笑)。 どれを観て、どれを観てないかを覚えてない…

レジェンド復活!? ◆ 「おじいちゃんはデブゴン」

「ジャッキー・チェン、ユン・ピョウらと共に香港映画界のレジェンドとして名高いサモ・ハンが監督と主演を務めたアクション。元軍人で認知症の疑いのある老人が、マフィアの抗争に巻き込まれた隣家の父娘を守る姿を活写する。アンディ・ラウ、ユン・ピョウ…

「インデペンデンス・デイ」のスタッフが放つディザスターアクション◆ 「ジオストーム」

異常気象で、にっちもさっちもいかなくなった地球を救うべく、各国が力を合わせ気象をコントロールできる衛星を打ち上げ、天候のコントロールに成功します。 と、ここまでは素晴らしいのですが、「喉元過ぎれば・・・」何とかで、すぐにこの衛星を悪用しよう…

ペットセメタリー!? ◆ 「ジャスティス・リーグ」

DCコミックスのヒーローたちが集結したドリームチームがこの「ジャスティス・リーグ」。 マーベルコミックの「アベンジャーズ」は随所に“軽いノリ”を盛り込んでいますが、こちらは、それに比べてかなり“シリアス”なトーンです。 前作 laozi.hatenablog.com …

「いいね」のために、生きている。 ◆ 「ザ・サークル」

SNS全盛の現在に警鐘をならすような設定です。 ものすごく引き込まれました。 ただですね、これまたよくあるパターンで、最後のオチが・・・。結局、何が言いたいのかわからないままエンディング。 目の付け所がよかっただけに、非常に残念です。惜しい。 こ…

タイトルと内容が・・・  ◆ 「殿、利息でござる!」

タイトルとジャケットのイメージからして“姑息な商人”の物語かと思っていました。 が、さにあらず。村を想う人々の、ちょっぴり笑いあり、感動ありの美談。 奥行きはありませんが、気負わず観る分には最適かと・・・。 それでは・・・・。 2016年 129分

まずまずの見応え ◆ 「関ケ原」

秀吉でもなく、家康でもなく、真田幸村でもなく石田三成中心の物語ってあたりが新鮮。 レビューでは辛口の評価もみられますが、まずまず見応えがありました。 余談ですが、邦画、洋画とわず“戦”テーマの作品にはエキストラが欠かせませんが、未だ「影武者」…

「トゥモローランド」監督作品 ◆ 「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」

“いい作品だ”と太鼓判を押したものの、さすがにシリーズを続けて4本も観た日にゃ~、飽きてきました(笑)。 刺激に慣れるって言うんですか・・・。そんな感じ。 でも観る順番が違ったら、これも絶賛していたと思います。 ちなみにブラッド・バード監督の「ト…

ホロコーストの生存者を集めた施設 ◆ 「囚われのサーカス」

「ホロコーストの生存者を集めた施設を舞台に、彼らの心に巣くう闇を描いたドラマ。1961年。かつてベルリンで喝采を浴びていたエンターテイナーのアダム・シュタインは、砂漠にあるサイズリン研究所にいた。そこは、ナチスによるホロコーストで生き残った者…

まさにファイナル ◆ 「アウトレイジ 最終章」

シリーズをすべてチェックされているなら、これも押さえておいたほうがいいかもです。 シリーズ最高傑作とはいいませんが、ハズレなしとはまさにこの映画のことでしょう。 正真正銘の「最終章」。時系列での続編は不可能なエンディングです。“エピソード0”み…

1989年ベルリンにて ◆ 「アトミック・ブロンド」

東西ドイツの壁崩壊が目前に迫ったベルリンが舞台。 イギリスM16の女諜報員が主人公。CIA、KGBを交えての化かしあいは、目を離すと流れを見失います。 展開は極めてスピーディ、よく言うと濃密、悪く言うとメリハリなし、詰込みすぎって感じ。 映像と音楽は…

バカバカしいけど楽しい ◆ 「オレの獲物はビンラディン」

誇大妄想に取りつかれた中年男性が、キリスト直々の命令でビンラディンを倒しにいくって展開。 何やら実在の人物がモチーフらしいです。エンドロールでは本人も登場しています。 すっちゃかめっちゃかで、非常にバカバカしいのですが、イヤな感じはしません…

実話ベースだからでしょうか・・・ ◆ 「ハイドリヒを撃て!『ナチの野獣』暗殺作戦」

個人的にはナチス関連の映画は好みですし、この作品のレビューサイトでの評価もすこぶるよかったので「これは、はずせない」って感じで借りました。 が、実話ベースだからでしょうか、あまりにもあっけないというか・・・、ひねりなしというか・・・。 設定…

ちょっとベーシック過ぎますね(笑) ◆ 「奇跡の絆」

リッチで幸せな白人夫婦が、黒人でホームレスの男性の世話を通して、いろいろな“気づき”を得るってストーリー。 本当にいい話です。しかも実話ベースだとか。 ほんでもって、この手の映画が好きですし、レビューもすこぶるよかったので思わず手に取りました…

惜しい ◆ 「キング・アーサー」

「王の息子として生まれ、その跡を継ぐ者とされていたアーサー(チャーリー・ハナム)。だが、暴君ヴォーティガン(ジュード・ロウ)によって父と母を殺され、スラム街へと追いやられてしまう。過酷な環境の中、アーサーは生き抜く知恵を身に付け、肉体を鍛…

おとぎ話!? ◆ 「ラ・ラ・ランド」

コーヒーショップで働きながら、オーディションを受けまくる女優の卵と、ジャズの店を構えるという夢を持つピアニストの恋の物語。 2人は、はじめ反目しあいますが、偶然の出会いを重ねるうちに互いに惹かれていきます。 やがて付き合うように。 仕事に対し…

“原作リュック・ベッソン” 気分転換にもってこい ◆ 「ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!」

「1995年、紛争中のサラエボに送り込まれたマット(サリヴァン・ステイプルトン)率いる5人のネイビーシールズは、総額3億ドル相当のナチスの金塊が湖に沈んでいるという話を聞きつける。それがあれば、戦禍に苦しむ避難民を救うことができると地元の女性か…